人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.13

家電もスマホもまだまだ進化する!2019年注目のガジェット7選

15日発売のDIME最新号では編集部が総力取材した2019年のトレンド、ヒット予測を様々なキーワードとともに紹介している。

本記事では多くの新製品が登場し盛り上がりそうなジャンルや、新たなキーワードとして話題を集めることになりそうな製品群をピックアップし、一足お先にご紹介します!

<ご購入はお近くの書店、もしくはコチラから>
Amazon http://amzn.asia/d/0AlhTid
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15729226/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1210524089

スマホのカメラはまだ進化する!
多眼スマホ

2018年はファーウェイの3眼スマホが話題を集めたが、海外ではすでにサムスンが4眼モデルを発表済み。またソフトバンクが出資するLight社もスマホ向け多眼カメラを開発している。広角、望遠などスマホのカメラにより多くを望むなら多眼化は必然という見方の一方で、『Google Pixel 3』のようにAIを用いて1眼でも多彩な表現を可能にする動きも。どちらが主流となるのか目が離せない。

[4眼]サムスン『Galaxy A9』549ポンド

ミドルクラスのスペックに、世界初となる、広角、望遠、メイン、深度測定用の4つのレンズを搭載。光学2倍ズームに対応する(日本での発売は未定)。

スマホ向けの多眼カメラをメーカーに提供
[9眼]Light

スリムボディーに16個のレンズを搭載したカメラを手がける、米国のスタートアップ。2018年には、ソフトバンクがビジョン・ファンドを通じて出資をしたことでも話題になった。スマートフォン向けの多眼カメラソリューションを開発し、スマホメーカーへ供給していく計画だ。

いよいよ切れ目のない折りたたみスマホが登場
フレキシブルスマホ

2018年にドコモから、2枚のディスプレイを併せて使う折りたたみスマホ『M Z-01K』が発売され、話題を集めた。2019年にはいよいよ、1つのディスプレイを折り曲げて使う折りたたみスマホが登場しそうだ。中国のRoyole社が発表したが、サムスンも7.3インチの折りたたみ可能なデバイスを公開済み。またファーウェイやOPPOも開発中と噂されている。

フレキシブルディスプレイメーカーが世界初の折りたたみスマホを公開
Royole

フレキシブルディスプレイを手がける中国メーカーが、7.8インチの折りたたみスマートフォンを発表。大きな話題を集めた。

サムスンも!

11月に開催された開発者向けのイベントで、7.3インチのディスプレイを内側に折りたためるスマートフォンのプロトタイプが披露された。2019年内の商品化が噂されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。