人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現金の集計や銀行への入金に割く時間は年間で約147時間

2018.12.11

Squareの全国の中小規模事業者および20歳以上の男女を対象にした「現金のコスト意識とキャッシュレスに関する調査」によると、現金集計や銀行への入金に割く時間は年間で約147時間に及ぶことが明らかに。

これを人件費に換算すると日本全体で約8,861億円に上る。

事業者は完全キャッシュレスに移行することで、月間で12時間以上の余裕ができるため、人手不足解消への効果や、経営にインパクトのある業務に時間を回し生産性向上に繋がる効果が期待できる。

現金のコスト意識とキャッシュレスに関する調査

次に、「利用者が好む支払い方法」を質問したところ、日頃接している従業員のほうが、経営者に比べ、現金以外のニーズを感じ取っていることが分かった。

特に、クレジットカードの需要について最も認識のギャップが大きく、従業員の54.8%がクレジットカードを「お客さまが好む支払い方法」と回答したのに対し、同様の回答をした経営者は39.1%に止まり、15.7ポイントも認識にギャップがあった。

消費者を対象としたアンケートでは、全体の22.9%がクレジットカードが利用できなかったために購入を諦めた経験があると回答し、クレジットカード決済に対応していないと機会損失につながる可能性が極めて高いことがわかった。

カード払いが習慣化している外国人旅行者が増えていることに加え、日本人消費者のクレジットカードと電子マネー利用も徐々に増えている。キャッシュレス対応をすることで、機会損失を最小限に抑え、生産性を向上させ、しいては売上拡大が可能になるという認識を、経営者がもつことが重要なのではないだろうか。

関連情報/https://squareup.com/jp
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。