人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.11

4WDと2WD、雪道の登坂・ブレーキ性能を比較検証

4WD(四輪駆動)車は雪道に強いと言われているが、実際にどのような状況でも2WD(二輪駆動※2)車より走行性能が優れているのだろうか。今回、JAFは降雪時期を前に雪道での登坂・ブレーキ性能を4WDと2WDで比較検証したので紹介しよう。

雪道の登坂・ブレーキ性能を4WDと2WDで比較検証

登坂テスト

勾配9%と勾配20%の坂道を上りきれるのかを検証した。テスト結果は表の通りで、勾配9%の緩やかな坂道は、4台とも上りきれた。しかし、勾配20%の急勾配の坂道になると、4WDの2台は安定して上りきれたのに対して、2WDの2台はスタッドレスタイヤを装着していても坂道の途中でスリップして上りきれなかった。登坂性能は予想どおり、4WDのほうが優れていることが分かる。

ブレーキテスト

平坦路と勾配9%の下り坂で、40km/hから急ブレーキ※4を踏み、停止するまでの制動距離を計測器で測定。まず、平坦路の制動距離は、2WDと4WDのいずれの車も制動距離が20~22mと、大きな差はなかった。ただ、勾配9%の下り坂の制動距離となると、2WDの2台は約29~33mで停止できたのに対して、4WDの2台は約35~40mと、2WDより長くなった。

特に、車両重量が最も重かったランドクルーザープラドの下り坂の制動距離は、平坦路に比べて約2倍長くなる。4WDは構造上、2WDより車両重量が重くなり、そのぶん下り坂では制動距離が長くなることがわかる。

今回の調査から、4WDは2WDに比べて登坂での発進時は滑りにくく安定するが、停止時は止まりづらくなることが明らかになった。

関連情報/http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/snow/detail1.htm
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。