人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

刮目させてもらおう、世界一のガンプラ!激アツだったGunpla Builders World Cup 2018世界大会決勝戦

2018.12.11

2011年より毎年開催されている、ガンプラづくりの腕を競うBANDAI SPIRITS(バンダイ)公認のイベント「GBWC」(Gunpla Builders World Cup)。第8回目となる2018年の世界大会決勝戦が、12月9日(日)に東京・台場にある「ガンダムベース東京」で行なわれた。16の国と地域から選ばれた中から、栄えあるトップ3に輝いた作品の詳細を紹介しよう。

GBWCは、14歳以下の「ジュニアコース」と15歳以上の「オープンコース」があり、工作、塗装、アイデアの3項目で採点、審査される。審査員は、模型専門誌の2名とBANDAI SPIRITS ホビー事業部の2名が担当。オーストラリア、カナダ、中国、フランス、香港などの国と地域で順次予選が行なわれ、ジュニアコースは15、オープンコースは16の代表が選出された。世界大会決勝戦の当日は、その中から特別賞とともに、ジュニアコースとオープンコースにおける上位3作品を発表。いずれも模型に精通している審査員を驚かせるほどの出来栄え! @DIMEの読者にもじっくりとご覧頂こう。

【ジュニアコース第3位/『ザ ホワイト ゴーレム』ヌグヤン ホンー ロンさん(ベトナム)】

ガトリングガンとファンネルを携える重装備により、たった1週間で北部戦線を全滅させた「ホワイトゴーレム」という作者考案の機体を模型化。「1/144という小さいサイズのモデルなんですが、細かい作り込みの丁寧さと、表面処理のきれいさを評価させて頂きました」(審査員の安永亮彦さん/BANDAI SPIRITS ホビー事業部)

【ジュニアコース第2位/『ワンス アゲイン』ウ シ エンさん(台湾)】

戦場に戻れるだけの補給を捨てられた基地で済ませ、最終決戦へと出撃しようとするシーンをイメージしている。「一見、地味に見えるんですけど、よく目を凝らして細部を確認して頂くと、工作、塗装ともに非常に高いレベルでまとめられているのがわかるかと思います。後ろを見て頂くと人が立っているとか、すごく細かいところまで配慮されている作品です」(審査員の木村 学さん/ホビージャパン編集部 編集長)

【ジュニアコース第1位/『ビルドダイバーズ ファンタジー』マーク アレクサンダー イルワントさん(インドネシア)】

“ビルドダイバーズファンタジー”という架空のフィールドを舞台に、地上勢力代表のユニコーンペガサスと地下勢力代表のクシャトリヤナーガが雌雄を決する…という作者のイマジネーションにあふれた作品だ。「空間構成能力の高さに驚かされました。工作の細部の作り込みも大変すごいんですが、一番驚かされるのはカラーリングですね。メッキ調の塗装が大変美しいんですけれども、下のクシャトリヤにはたくさんの配色がなされている一方、上のガンダムはモノトーンでまとめられている。こういうところも非常に評価が高く、満場一致で優勝になりました。ジーニアスです!」(審査員の関口 巖さん/モデルグラフィックス編集部 ガンプラ担当)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。