人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.12

日本茶の人気No.1を決める総選挙「日本茶AWARD2018」大賞に選ばれたのは?

■茂木雅世のお茶でchill out!

推しメン…アイドルを応援している人にとっては聞きなれている言葉ですよね。

「イチ推しのメンバー」を略した言葉で、好きなメンバーや応援しているメンバーの事を指します。

では、「推し茶」という言葉は…ご存じでしょうか?

ご想像の通り、「イチ推しのお茶」のことを指す言葉ですが、「推し茶」を公言することが当たり前になる時代がもうすぐやってくる予感が…

「お茶」と一言で言っても、実はその味わいは千差万別。

「味の違いなんてわからないと思うなあ~」と口にする人も、じっくり飲み比べる機会がないだけで、改めて味わってみるとその違いがはっきりわかることがほとんど。

それがわかると…ますますお茶の世界にハマってしまうんです。

そんな個性豊かなお茶を味わって、「好き!!」と思ったお茶に一票を投じ、みんなで栄えあるNO,1のお茶を決めようという祭典「日本茶AWARD 2018」が今年も渋谷ヒカリエで開催されました。

お茶好きが集まり、会場内は熱気ムンムン

会場内では賞に選ばれたお茶を購入することも!

今年で5年目となったこのイベントには、毎年多くのお茶好きが参加し、年を追うごとに盛り上がりを見せています。

私ももちろん、毎年会場に足を運び、その年の選ばれしお茶を飲み比べ、推し茶に一票を投じています。

この日本茶AWARDが出来るまでは、お茶の審査というと専門的な印象が強くあり、一般の人に知られることもあまりありませんでした。

お茶の審査方法も審査用の白い茶碗にお茶の葉を入れ、そこに熱湯を注ぎ、香りや味わいを審査するというもので、実際に私たちが自宅でお茶を飲む方法とは少し違うやり方でした。

「古くて新しい日本茶の品評会」と言われる「日本茶AWARD」ではこの従来の審査方法を改め、一次・二次審査とも普段と同じように急須を使い、お湯の温度を下げ、浸出時間も短くして淹れた1煎目と2煎目を審査するというもの。

今年はエントリー総数393点のお茶の中から、最終審査にコマを進めたのはたったの19点でした。

この19点を一般の人達が審査して、選ばれたお茶が「日本茶大賞」として表彰されるというわけです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。