人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.07

4つの衛星測位システムに対応したGarminのリストマウントGPSナビ

ガーミンジャパンは、リストマウントGPSナビゲーターの最新モデル「Foretrex601(フォアトレックス 601)」を12月13日に発売する。価格は29,800円(税別)。

「Foretrex601」は、ミルスペックに基づいて構築された手首に巻けるGPSナビゲーター。アメリカ国防総省が定める標準規格「MIL-STD-810G」の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備えた堅牢設計なうえ、バックライトの設定を変更すれば、暗視ゴーグルをしていても、しっかりとディスプレイの情報を確かめることができるという。

また、前作「Foretrex301」では受信衛星がGPS単独の対応だったのに比べ、本機ではアメリカのGPS、ロシアのGLONASS、欧州のGalileo、日本のみちびき(補完信号)に対応。GPS単独では受信しづらいより広範囲での位置情報の確認が可能になった。さらに、ABC センサー(方位・気圧・高度)機能を装備し、静止状態でも正しい位置や方角を示すことができる。

スマートフォンとの連携も可能で、メールやSNSの通知受信機能も備え、アクティビティ完了時にはGarminのオンラインコミュニティサイト「Garmin Connect」にも自動的にデータをアップロードする。

駆動時間は、GPSモードでは最大24 時間、UltraTrackモードでは最大1週間、時計モードでは最大1カ月。電源は単4形乾電池×2 (別売)。本体サイズはW7.4×H4.3×D2.3cm、重量は87.9g(電池込)。ディスプレイは対角線2.0インチで解像度は200×180ピクセル。IPX7の防水性能を備える。

商品情報
https://www.garmin.co.jp/products/outdoor/foretrex-601/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ