人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.06

会場は、まさかのスーパーマーケット!?買い物ついでに田中達也のミニチュア世界へGO!

日用品を別のものに見立てて、ユニークな情景を創り出すミニチュア写真家・田中達也さん。NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』のオープニング映像を見て、彼の存在を知った人も多いだろう。毎日1枚、自身のSNSに作品をアップするほか、全国で個展を開くなど、精力的に活動しているが、2018年12月6日~12月16日の10日間、フォルクスワーゲンとコラボして『スーパーマーケット ミュージアム produced by 田中達也 with フォルクスワーゲン』を開催する。

田中達也さん
ミニチュア写真家・見立て作家。1981年生まれ。日常にある物を別の物に見立てて切り取った写真「MINIATURE CALENDAR」がインターネット上で人気を呼び、メディアで話題に。写真集『MINIATURE LIFE』、『MINIATURE LIFE2』、『Small Wonders』発売中。「MINIATURE LIFE展 田中達也見立ての世界」を国内外で開催中。

そう、作品を披露する場所に選んだのが、文字通どおりスーパーマーケットなのだ。と聞くと、みかん箱の上にでも立って田中さんが演歌でも歌うの? いや、歌うのならサザンの『若い広場』? などと思う人がいるかもしれないが(←いないです)、やはり違って、ちゃんとした理由があった。

それは、スーパーマーケットで販売しているような身近な素材が、作品のモチーフであることを実感してもらうため。今回、下で紹介している作品を含め写真パネル約90点、さらに田中さんの視点が体感できるミニチュアアートの実物や本企画限定の作品も展示されるという。確かにミュージアムのような空間で田中さんの作品を見るのと、日常の導線であるスーパーマーケットで見るのとでは感覚が違うかも。

例えば、上の作品は「今夜はピザでも食べようかな」とか「あら、タマネギが石窯になってる! そういえばウチにも少し余っていたわね。肉ジャガでも作ろかしら」などと、スーパーマーケットという空間も手伝って、より作品の世界に浸れそう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ