人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.06

通信速度に不満がある人におすすめの高速Wi-Fiルーター6選

昨今のスマートフォンは高画質・高音質のコンテンツが楽しめるのが魅力です。しかしその分、ファイルサイズは大きくなるので、あっという間にパケットを使い切ってしまいます。ギガ不足にならないよう、モバイルルーターやWi-Fiルーターを活用して対策を心がけましょう。

高速Wi-Fiルーター

UQ「WiMAX HOME 01」

UQは、下り最大440Mbps対応ホームルーター「WiMAX HOME 01」(製造元:NECプラットフォームズ)を、2018年12月7日より、UQ WiMAX オンラインショップと機種変更受付ページで販売する。

【参考】UQが下り最大440Mbpsに対応したホームルーター「WiMAX HOME 01」を発売

UQ「W05」

W05世代では4×4MIMO、CA対応によって通信速度は下り最大758Mbps、上り112.5Mbpsという公称速度になった。これはWiMAX通信と4G LTEの2つで同時に通信を行った状態でのスピードであり、ハイスピードプラス対応エリアで出せるスピードということになる。現時点では東名阪の一部エリアのみが対応しているもので、日本全国どこでもこの最大スピードに対応するというものではない。またWiMAXの通信料金に加えて、LTE通信のためのLTEオプション料金1004円/月、がかかることになる。

【参考】LTE×WiMAXのツインビームで最大758Mbps!モバイルルーター「UQ WiMAX2+ W05」を実測検証

Linksys『VELOP』

昨今、世界各国においてメッシュシステムの市場は拡大しつづけ、 2018年においてはWi-Fiルーター及び中継器市場内の約20% になると見込まれている。日本国内においても、 メッシュシステムが一躍注目され始めたのに加え、 近年のエアコン、 ペット見守りカメラ、 お掃除ロボ等に代表されるホームIoT機器に急速な広がりも後押しし、 メッシュシステムの市場は拡大。 そんな中、世界でも先駆的なモジュール式メッシュWi-Fiシステム『VELOP』が注目を集めている。

【参考】快適・高速な接続を実現するホームネットワークソリューションLinksys「VELOP」

ASUS「RT-AC67U」

ASUS JAPANから最大1,300+600Mbpsの通信速度を実現したWi-Fi無線ルーター「RT-AC67U」が登場した。AiRadar(ビームフォーミング)で強い電波を送信するので、電波が届きにくい場所であっても安定した通信が可能だ。また、QoSによって、特定のゲームなどの通信を優先して転送することや通信帯域を確保できる。ネットワーク環境に応じたプリセットを使用できるため、複雑な設定をすることなく手軽に利用できる。

【参考】最大1300+600Mbpsの通信速度を実現したASUSのWi-Fi無線ルーター「RT-AC67U」

バッファロー「WSR-2533DHP2」シリーズ

 

バッファローは、高速Wi-Fi規格「IEEE802.11ac」(以下「11ac」)に対応した、アンテナ内蔵タイプのWi-Fiルーター(無線LAN親機)「WSR-2533DHP2」シリーズを2018年9月下旬より順次発売を開始する。 ラインアップはクールブラック(WSR-2533DHP2-CB)、シャンパンゴールド(WSR-2533DHP2-CG)で価格は共に1万4300円。

【参考】最大1733Mbpsの高速通信が可能なバッファローの11ac対応Wi-Fiルーター

ティーピーリンクジャパン『Archer C5400X』

通信環境を重視するスマホゲームや、PCゲームをプレイする際に大活躍すること間違いなしの無線LANルーターが登場した。ティーピーリンクジャパンから発売される『Archer C5400X』だ。同製品は、合計5400Mbps(2.4GHz×1、5GHz×2)のスピードを発揮し、1.8GHzクアッドコアCPUを搭載することで、超高速の通信速度と圧倒的な処理能力を発揮することが可能な無線LANルーターだ。

【参考】通信速度5400Mbps、1.8GHzクアッドコアCPUを搭載する最強のWi-Fiルーター『Archer C5400X』発売

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ