人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.02

女性記者が潜入取材!話題のナンパスポット「ハプリックスタンド」は……でした!

パブスタ

DIMEベストヒットランキング59位 今話題の「パブリックスタンド」

ライター・朝井麻由美さんライター・麻由美さん
ひとりが好きなアラサーのライター。人見知りのため、知らない人と話すのがストレス。

実録・初めてのパブスタ体験記

 生まれてこの方、私はナンパをされたことがない。されたいわけではないが、全く声を掛けられないのはそれはそれで癪である。聞けば、流行りの『パブリックスタンド』なる店は3歩歩けばナンパされる空間なのだという。絶対にナンパされない女が、絶対にナンパされるスポットに行ったらどうなるのだろうか。

パブスタ

 というわけで10月某日、歌舞伎町店へ赴いた。17時、開店直後のため店内はガラガラ。週末だと18時台には足の踏み場もなくなるらしく、数少ない椅子を確保すべく早めに戦場入りしたのである。ところが平日だからか一向に客は来ないまま1時間が過ぎた。19時になると男性客2組、女性客が3組ほど。年齢層の高い恵比寿や銀座店では、30代の女性が自分からガツガツ声を掛ける様子も見られるらしいが、歌舞伎町店は誰ひとりとして動こうとする様子なし。

キミたちはいったい何をしに来たのだね! と説教のひとつでもしたくなる。何しろこの店、食べ物は、生ハムやオリーブくらいのもの。ただ酒を飲んで交流を図る以外に、場が持たないのである。ちなみにこの日、私は知人の中で一番の美人を連れてきていた。元キャバ嬢で、コミュ力も十分。待ち合わせ場所に来るまでにすらナンパされていたほどの実力の持ち主だ。

その友人をもってしても敗北を喫するか……。滞在3時間近くなり諦めて店を出ようとしたその時、トイレに立った友人がついに声を掛けられた! 時刻は20時過ぎ。これを皮切りに別の席でもナンパが始まった。話しかけてきたのは片方は髪型がバカリズム風、もう片方は瑛太似。30~40代男性が多い店内一の若いイケメンだ。男ふたりは合コンで知り合った25歳だそう。

友人と私、順番に年を聞かれ、まずい、と思った。この男ふたりは、店内をしばらく物色してから声を掛けてきたのだ。つまり、店中の女を見定めて、選んでいたわけだ。実年齢を言ったら引かれると直感し、咄嗟にサバを読む。その後も嘘に嘘を重ね、私は27歳の美大出身の事務職ということになっていた。

本当は30歳をとうに超えているし、何ひとつ合ってない。個性の強い服装をしていた言い訳「美大出身(大嘘)」が妙に納得されたのは、我ながら匠の技だったと思う。絵を描けと言われて困らぬよう「グラフィック専攻でした」と添えて。SかMかという定番の質問や、メンヘラ女との恋愛遍歴自慢を耐え忍び、解散となった。

ふと周囲を見ると、およそナンパとは無縁そうな人も積極的に声を掛けていたのが印象的だった。誰もがナンパする店内の雰囲気は、ナンパビギナーのハードルを下げているのかもしれない。ともあれ初ナンパおめでとう、私。

パブスタ

『パブリックスタンド』は基本料金が男性3000円~/女性1000円~。その他、時間帯や曜日によって割引があり、入店後の店舗間の移動も可能。現在都内9店舗、全国15店舗。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。