人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.11

名刺入れに収まる超コンパクトな「カードケータイ」の実用性

書き換え時の点滅は気になるが、用途を考えると許容範囲か

 電子ペーパーを採用しているため、表示の書き換えには時間がかかる。たとえばメニュー上のアイコンを押すと、一瞬画面が点滅して、別の表示に切り替わるといった具合で、液晶や有機ELのようなシームレスさはない。ただし、電卓などの内蔵アプリを呼び出したり、設定メニューを開いたりする際には、実用上の問題もないため、許容範囲といえる。

 一方で、やはりブラウジングなどは厳しい。スクロールさせるたびに表示が書き換わるため、お世辞にも滑らかに動いているようには見えない。画面をスクロールさせるたびに点滅するように見えるため、縦に長いサイトで文章を読む用途には不向きだ。先に挙げたバックライトの問題もあるため、基本的に、緊急時の確認用と割り切って使うようにしたい。

ブラウザを搭載しており、いざというときにはサイトも閲覧できる

スクロールすると画面がチラつくなど、操作感がいいとはいえない

 また、小型ゆえにSMSを送受信する端末としても活躍しそうだが、ディスプレイの制約もあり、フリック入力はあまり快適とはいえない。ブラウジングのときのように、画面がチカチカすることはないが、スマホに比べると、文字の表示がワンテンポ遅れる印象がある。とはいえ、タッチパネルを採用したからこそ、このサイズ感を達成できたのも事実。物理キーだと、本体はもっと大型化していた。カードサイズということを考えると、こちらも許容範囲だ。

文字は画面のタッチで入力。フリック入力にも対応する

 メニューを見る限り、OSはAndroidをベースにしているとみられるが、残念ながらPlayストアには非対応となる。アプリはプリインストールされているものしか利用できない。それでも、メモ帳や電卓、カレンダーなど、必要十分なものは内蔵されている。欲を言えば、カレンダーや電話帳はグーグルアカウントでクラウドと同期できると便利なのだが、残念ながらそれはできない。

設定メニューを見る限り、Androidベースのようだが、アプリのインストールなどはできない

 コンセプトはもちろん、消費電力やディスプレイを考えると、どうしても正式なAndroidを採用するのは難しいところだが、同期設定ができるような仕掛けは残しておいてほしかった。

カレンダーなどがGoogleアカウントと同期できないのは残念

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。