人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

不倫するタイプかどうかを見極める最も簡単な方法

2018.12.10

不倫についての8つの科学的事実

 義理の家族への向き合い方で不倫や浮気を占うことができそうなのだが、ほかにも不倫についての8つの科学的事実があることを「Your Tango」の記事が解説している。

●浮気者はロック好きである可能性が高い

 ある調査によれば、不倫をする者の41%がロックが最も好きな音楽ジャンルであると回答している。ちなみにポップスは16%、カントリーが11%、クラシックが7%で、ラップ&ヒップホップはわずか2%であるということだ。

●女性の不倫は破局に向かいやすい

 これまでの研究で不倫の動機において、男性は性的欲求を満たす目的で行なう傾向があるのに対し、女性は精神的な欠落感を補うために行なう傾向があることが明らかになっている。したがって女性の不倫は“気持ちの問題”であることから、破局を迎えやすいということになりそうだ。

●浮気者は現在の関係に幸せを感じている

 浮気がバレれば深刻な問題に発展するが、それでも不倫をする者は決して人間関係の破壊を目論んでいるわけではない。むしろバレずに続けていられる状態に幸せを感じているということだ。

 米・ラトガース大学の研究によれば、不倫している者の56%はパートナーとの関係に幸せを感じており、不倫をしている女性の34%はパートナーとの関係にじゅうぶん満足しているということだ。都合の良い考えだが、今の状態がずっと続いて欲しいと願っているのだ。

Your Tango」より

●不倫がはじまるとパートナーとのセックスも増える

 専門家によれば、ある種の人々にとって不倫は冬眠していたクマが目覚めるような体験であり、性的な活動が活発になるという。したがって結果的にパートナーとのセックスも増えてくるということだ。逆にパートナーが急にセックスを多く求めてくるようになったら、疑わしいサインということなるのかもしれない。

●女性は排卵期に浮気が多くなる

 排卵期には女性の性欲が高まるという側面もあるのだが、実際には排卵期の女性は男性から見て肉体的に魅力的に見えるので、誘われやすいことのほうが不倫の可能性を高めているという。

●男性は結婚生活を維持するために不倫をしている

 これもまた都合の良い話なのだが、ある種の男性は愛するパートナーとの結婚生活を充実したものにするために外で不倫をしているというのである。これはおそらく愛する妻を性的欲望の対象にすることによる関係悪化のリスクを作らないための“予防策”ということになるのかもしれない!?

●浮気者は身近な人々をも欺いている

 ある調査によれば不倫の85%は職場で起きている。そしてこうした不倫は多くの場合、配偶者ばかりでなく職場の同僚や友人にも秘密にされているのだ。したがって浮気者はパートナー以外にも多くの身近な者を欺いていることになる。

●内心ではバレることを望む浮気者もいる?

 米・ブラウン大学のスコット・ハルツマン教授によれば、ある種の浮気者は不倫を止めたいのだが止める術を知らないという。こうした浮気者は内心では助けを求めている状態にあり、パートナーにすべてを明るみにされて救ってもらいたいという願望も抱いているというから複雑だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。