人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.10

不倫するタイプかどうかを見極める最も簡単な方法

 有名人や政治家の不倫報道が絶えないが、浮気をする可能性の高いパートナーにはどんな徴候があるのだろうか。これを占う明快な指標として、義理の親や家族との関係が挙げられることが最近の調査で報告されている。義父母と親密な仲になろうとしないパートナーは不倫をする可能性が高いというのだ。

浮気者の75%が義父母と親交を深めることに興味がない

 パートナーの両親とはぜひとも仲良くしたいものだが、その一方でプレッシャーや気まずさを感じたりすることがあるかもしれない。義理の両親のほうから気さくに接してくれれば願ったり叶ったりだが、そこは人間なのでそれぞれいろんなタイプの人いて相性の問題もあるだろう。

 そしてもし、パートナーが相手方の親や家族とあまり親密になろうとしない場合、現に浮気をしているか、または将来浮気をする可能性が高いことが、カナダに本社を置く“不倫サイト”アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)の調査で明らかになっている。

 ご存知の方も多いようにアシュレイ・マディソンは既婚者向けのマッチングサービスであり、結果的にその出会いは不倫ということになる。つまり同サービスの会員を調査することは、不倫をする者の実像を浮き彫りにするものでもあるのだ。

Men's Health」より

 1400人の会員からの回答を収集して分析したところ、大多数は義理の親や家族が好きであると回答してはいるものの、61%は親密な関係を築けていないことを認めている。

 本音を探ると、回答者の75%は義理の親や家族と親密な関係を築くことに興味がないと答え、回答者の半数は義理の親や家族と多くても年に一度しか会っていないと報告している。

 そして回答者の85%は義理の家族に自分がどのように思われているのかあまり気にしていないと答えている。したがってもし離婚になったとしても相手の家族に悪いという意識はあまりないことになる。それだけにもし危機に直面した場合は離婚しやすいのだろう。

 自覚するしないに関わらず浮気をする者は、将来の最悪の事態をどこかで覚悟しているからこそ、相手の家族と距離をとっていると説明できるのかもしれない。誤解されないためには(!?)義父母と仲良くしたほうがよさそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。