人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「LINE Pay」と「PayPay」何がどう違う?

2018.12.04

利用可能な店舗は一長一短だがJCB対応のLINE Payは強い

 続いて決済が可能な店舗をまとめた。

 生活シーンでとく使うコンビニやドラッグストアなどでの利用に対応し、PayPayもLINE Payも順次拡大されている。PayPayの場合は利用可能な店舗の拡大を待つしかないが、LINE Payの場合は前述したように、JCBかQUICKPayに対応していればよい。特にJCBが利用できる店舗は3300万件以上ある。チャージ残高が中途半端に余ってしまったことを考えるとやはりLINE Payの使い勝手がよいことがわかる。

 一方PayPayにはヤフーが持つeコマース基盤がある。Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACOがそれだが取扱金額には約2.1兆円の規模(決算説明会資料より)があり2019年2月よりPayPayを使ったオンライン決済に対応する。方LINE Payの決済高は約1兆円。Yahooのeコマースすべての取引がPayPayで行われるのは現実的ではないが、決済高の規模では十分LINE Payに張り合えるといえよう。

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACOでは2019年2月からPayPay決済に対応する。

LINE Payの決済高(決算説明会資料より)。2018年Q3で2,610億円の取扱があるので、年間では約1兆円の決済高になる。

 LINE PayとPayPayの違いで一番特徴的なのはLINE Payが完全なキャッシュレスを目指している一方、PayPayはスマホアプリを使った決済に特化していること。その証拠にPayPayが使える店舗はスマホアプリ中の地図に表示してくれる。

 またどちらもインバウンド向けの施策としてLINE PayはWeChat Payと提携しPayPayはAlipayと提携している。2019年の各社動向が見逃せない。

PayPayアプリでは図のようにPayPayが利用できる店舗が地図上で確認できる。

文/ぺったん総研

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。