小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビタミンCって本当にかぜに効くの?現役の医師に聞いてみた

2018.12.07

免疫を上げる「ビタミンC」のパワーが風邪に良い!

 風邪など感染症には「免疫力」が関与しますが、ヒトは年齢と共に「免疫力」が低下する特徴があります。

「免疫」とは、外部因子(ウィルスなど)からカラダを守る防御システムで、外敵の侵入を見張る「レーダー」と排除する「ミサイル」の働きを兼ね備えています。

「免疫」にかかわる臓器は、胸腺、骨髄、リンパ節など体内のあちこちにあり、常に監視活動をしています。

「胸腺」という臓器はあまり聞き慣れないかもしれません。「胸腺」は胸骨の後ろ、心臓の前に乗るように存在します。

フランス料理では、「子牛の胸腺”リードヴォ―”、子羊の胸腺”リーダニョー”」と呼ばれ、非常に高価で珍重される食材として知られています。

「胸腺」は、役に立つ免疫細胞を教育する「学校」のような役割を持ちますが、年齢と共に萎縮し、小さくなり、脂肪に置き換わります。

2017年日本で発表された研究発表では、「ビタミンC」を高容量で摂取すると、胸腺の萎縮や免疫細胞の低下を抑え、免疫機能に寄与する役割が分かってきました。

「ヒトではなくマウスを用いた実験、観察期間1年、ヒトが摂取する約10倍量を投与している」違いはありますが、『ビタミンCが免疫を高め、風邪などに効果がある』ことはほぼ間違いないようです。

ビジネスパーソンの風邪におススメな「ビタミンC」の摂り方はコレだ!!

「ビタミンC」は、食事やサプリメントなど様々な方法で摂取することが出来ます。

手軽さでは「サプリメント」に軍配が上がりますが、食べ物から摂取することが理想的だと思います。特に「風邪」には、「ビタミンC」以外の栄養素も重要だからです。

「ビタミンC」は過熱調理で壊れやすい特徴があります。日本人の1日当たりビタミンC栄養所要量は100mg/日ですが、250~300mg/日摂取すると免疫力が高まるという研究報告があります。

「ビタミンCのイメージ=レモン」ですが、強烈に酸っぱく、値段も決して安くはありません。私はレモン好きですが、せいぜい1個程度しか食べられませんし、皮をむく手間があります。

私がビジネスパーソンの風邪におススメしたい食べ物は、①大根 ②トマト です。
2つとも、スーパーやコンビニエンスストアで手軽に、ほぼ1年中手に入り、生で食べることができ、値段もお手頃です。

大根に含まれるビタミンCは、「100g当たり12mg(皮つき、生)」。大根は1本1.2~1.5kgですので、大根だけで「ビタミンC」栄養所要量を満たすには、ほぼ1本食べる必要があるのが、難点ですけどね。。

大根には、「アミラーゼ」という消化酵素を多く含み、「風邪」で弱った胃にとても優しい作用があります。野菜スティックや大根おろしで、加熱せずに食べられます。

トマトのビタミンCは、100g当たり15mg(ミニトマト:32mg)。大根同様に胃に優しい作用があります。普通の大きさのトマトなら3~4個食べるイメージです。

大根やトマトには、「ビタミンC」だけでなく、各種ミネラルも豊富に含まれています。
足りない分は、サプリメントで補えば十分です。

私は、出張先のホテルで「風邪」をひいた時、近くのスーパーで、大根とトマトを買い込み、出張先のホテルで実際に、バクバク食べます。食事が摂れない時でも、大根とトマトは腹持ちが良いので、個人的におススメです。

その昔「みかんや桃の缶詰」は高価で贅沢品だったこと、甘味や滑らかなのど越し、のどが痛い時でも食べやすいこと、子どもが喜ぶ食べ物です。「大根おろしや絞り汁」を飲まされた方もいることでしょう。「おばあちゃんの知恵」的な方法ですが、風邪に対する最大の薬効は「愛情」かもしれませんね。

念のため、「風邪」がひどい時は、我慢せずに薬を飲んだり、病院に行って下さいね。

文/倉田大輔(池袋さくらクリニック 院長)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。