人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

JBLがスタジオモニタースピーカーの最新モデル「4312G」を発売

ハーマンインターナショナルは、アメリカ・カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、1970年代初期に登場したModel 4310を祖とし、4311、4312、そして4312Aから4312Eへと進化を続けてきたJBLのロングセラー・モニタースピーカーの最新モデル「4312G」を 12月に発売する。価格は1本120,000円(税抜)。

「4312G」は、JBL70周年記念として登場した限定モデル4312SEと、30cm3ウェイの最新コンシューマ・バージョンL100CLASSICの技術要素を移植した、3ウェイ スタジオモニタースピーカー。

低音域用には、12インチ(300mm)ピュアパルプコーン・ウーファー「JW300SW」を採用。K2 S5800のために開発された“1200FE”系ユニットの特徴を受け継ぎながら、最新技術により更なる低歪化を実現した。

中音域には、歴代の4312ファミリーをはじめとする3ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーに搭載されてきた5インチ(125mm)ユニットの系譜を受け継ぎ、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に開発されたミッドレンジ・ユニット「JM125PC」を採用。

そして高音域用には、新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを実現する1インチ(25mm)アルミ-マグネシューム合金ドームツイーター「054AlMg-1」を搭載する。

また、優れたレスポンスを誇る最新ユニットの持ち味を最大限に引き出すため、4312SE譲りの高品位素子を用いた3Wayネットワークを内蔵。伝統のHF/UHF連続可変アッテネータも装備する。伝統のディメンションを継承したキャビネットには全面高比重MDF材構造を採用。接合部には数十ヶ所にわたる内部補強を施すことで剛性を高め、強力な新開発ユニットの優れたレスポンスを活かしている。

周波数特性は44Hz~40kHz(-6dB)、クロスオーバー周波数は640Hz、5kHz。出力音圧レベルは90dB(2.83V/1m)、インピーダンスは6Ω、推奨アンプ出力は10~200W(RMS)。本体サイズは幅362×高さ597×奥行き305(グリル含む)mm、重量25.2kg(グリル含む)。

関連情報
https://www.harman-japan.co.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。