人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

こんなにあった!今年発売されたトヨタの新型車7選

今回は2018年に発売された自動車の中からトヨタの車の情報をピックアップしました。来年はいったいどんな車が発売されるのか楽しみですね。

今年発売されたトヨタのクルマまとめ

トヨタ「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」

1967年に登場し、昨年50周年を迎えたトヨタ「ハイエース」から特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」が登場した。

【参考】トヨタ「ハイエース」の誕生50周年記念特別仕様車が期間限定で登場

トヨタ「センチュリー」

1967年に誕生した「センチュリー」は、トヨタグループの創始者である豊田佐吉の生誕100年を記念して発売されたトヨタの最高級車だ。 そんな「センチュリー」が21年ぶりにフルモデルチェンジを行なった。これにより3代目となる新たな「センチュリー」が登場したのだ。

【参考】フルモデルチェンジしたトヨタの最高級車「センチュリー」を写真と動画で徹底解剖

トヨタ「クラウン」

 15代目となる新型『クラウン』に試乗した。初代は1955年に生まれたから、名実ともにトヨタと日本を代表するクルマであることは間違いない。以前は中国での生産も行われていたが、この15代目では予定されていない。販売されるのは日本だけ。だから、開発陣も「日本の道路環境に向き合ったクルマ造り」を重視したという。

【参考】満を持して登場した15代目「クラウン」に死角はあるか?

トヨタ『カローラ スポーツ』

カローラ スポーツ

TOYOTAは、新型車『カローラ スポーツ』を全国のトヨタカローラ店を通じて発売を開始した。また、8月には、インテリジェント マニュアル トランスミッション(iMT)搭載車の発売を予定している。

【参考】全車に車載通信機を標準搭載!コネクテッドカーとして生まれ変わった新型『カローラ スポーツ』

トヨタ『カローラハッチバック』

カローラハッチバック

TOYOTAは、3月30日から4月8日まで開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラハッチバック」(米国車名・米国仕様)を初披露すると発表した。アメリカでは「カローラiM」の後継モデルとして、2018年夏に「カローラハッチバック」として発売される。なお日本では、2018年初夏からトヨタカローラ店を通じ、販売が開始される予定だ。

【参考】新開発直列4気筒直噴エンジンを搭載したトヨタの新型『カローラハッチバック』

トヨタ『RAV4』

5代目となる新型『RAV4』は、「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)を開発コンセプトに設定。同社では「お客様の好奇心を刺激し、新たなライフスタイルを切り拓くきっかけとなるクルマを目指しました」と説明している。

【参考】トヨタがTNGAを採用し2.5ℓ直噴エンジンを搭載した新型『RAV4』を公開

トヨタ『ヴェルファイア』

2015年1月にデビューしたトヨタ・ヴェルファイアがきっちり3年目の2018年1月、大幅な改良を行った。 エクステリアではグリルとリヤガーニッシュを一新。より顔が大きくなり、立体感を増したアルファードほどではないが(むしろ迫力アップしたのはアルファードのほうだが)、スタイリッシュさ、ワイド&ロー感覚が強調されたことは間違いない。

【参考】新型『ヴェルファイア』の快適性と走りはどこまで進化した?

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。