人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.04

慢性的な眼精疲労でお悩みの方におすすめしたい疲れ目対策

慢性的な疲れ目に悩まされている人は多いですよね。スマホやPCが手放せない現代社会、今回紹介する記事を参考に日頃から疲れ目対策を心がけましょう。

眼精疲労対策

今、1500円台の高額目薬が売れている理由

市場規模が600億円ともいわれ、今後も成長が期待される市販目薬。確かに、周りを見渡せば日常的に決まった目薬を使用する「マイ目薬派」が多いのには驚かされる。この記事を書く自分自身も目薬愛用者だ。そんな目薬に、ここ数年、新しい流れが生まれて注目されている。1000円を超える「高価格帯目薬」が、順調に売り上げを伸ばしているのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/566159/

症状から原因をチェック!冬の疲れ目セルフケア術

目の疲れを感じると、車の運転に支障が出たり、仕事や家事への集中力が低下したりして日常生活に影響が出ることがあるし、頭痛につながることもある。一度、疲れ目の原因を、症状からチェックしてみよう。また、疲れ目対策は目薬だけでなく日常生活からも実践できる冬の疲れ目セルフケア術を眼科医に聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/510056/

眼科医が「絶対使わない目薬」と「推奨する目薬」の違い

大画面テレビ、パソコン、スマホの普及で、今の日本人は史上類をみないほど眼を酷使している! それを反映してか、国内の目薬市場は11.8%増(2015年)という高い伸び率を記録。読者の諸兄も、「ちょっと一服」気分で、目に疲労をおぼえるたびに目薬をさしている人も多いのでは?

【参考】https://dime.jp/genre/497637/

眼科医に聞く「疲れ目」「かすみ目」の原因と対策

厚生労働省が発表した「平成26年患者調査の概況」によれば、眼及び付属器の疾患で入院した人は1万1500人、外来は33万7900人だった。外来に間してはう蝕(虫歯)の28万3600人を上回っている。生活者の意識・実態に関する調査を行なうトレンド総研が以前、現代人の「目の悩み」をテーマにレポートを発表した。

【参考】https://dime.jp/genre/497080/

目の疲れ、かすみの原因は?眼科医に聞く正しい目薬の選び方

トレンド総研による「目の悩み」に関するアンケート調査結果では、「疲れ目」と「かすみ目」がトップに上った。多くの人が「目薬」で対策しているが、実は、目薬は何でもいいというわけではないらしい。そこで眼科医に、原因によって目薬を選び分ける方法や点眼の頻度やタイミング、眼科の目薬との違いなどを聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/495144/

スマホ老眼予防におすすめのホットタオル活用法

まだ20~30代で、スマホの使いすぎで老眼と似た症状が出る「スマホ老眼」。この症状は、目の水晶体のピント合わせをする毛様体筋の緊張を放置することで、起こりはじめる。そのままにしておくと、症状が進行するばかりか、副交感神経の優位が持続して、肩こりや胃痛のような全身の不調につながることもある。

【参考】https://dime.jp/genre/494404/

1日1分でOK!世界の絶景写真を見るだけで視力が回復するメソッド

 スマホ画面を長時間見る生活で、20~30代の若さで老眼に似た症状を引き起こす「スマホ老眼」が問題になっている。だからといってスマホをやめるわけにもいかず、悩んでいる人は多い。

【参考】https://dime.jp/genre/493009/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。