人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

年賀状、年始の挨拶、社会人なら覚えておきたい「喪中マナー」

知っている様で意外と知らない喪中マナーに関する情報をお届けします。年賀状や年始のあいさつに関してなど、今のうちに学んでおきましょう。

喪中マナー

喪中はがきの代わりにメールやSNSを使うのはマナー違反?

今年も年末がやってくる。慌ただしく様々な雑事をこなしている中で、ついつい毎年ギリギリになってしまうのが、年賀状の執筆だ。最近では、メールやSNSでお祝いを済ます人も多いようだが、実際のところ、年賀状を出す人はどの程度の割合で存在するのだろうか?

【参考】https://dime.jp/genre/631545/

受け取ったらどうする?喪中はがきの基本マナー

 そろそろ、年賀状の準備を始めている方も多いのではないだろうか。この時期、悩むのが「喪中はがき」の対応だ。近年、葬儀のスタイルが多様化し、「家族葬」などを選択する人が増加する中、喪中はがきを受け取って初めて不幸を知るという事例も少なくない。株式会社メモリアルアートの大野屋では、年中無休で仏事に関する様々な相談を受け付けるテレホンセンターを設置しているが、やはりこの時期「喪中はがき」に関する相談が急増するという。そこで同社が以前、公開した喪中はがきを受け取った人からの問い合わせ事例を紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/486382/

喪中に親戚の子どもにお年玉をあげるのはOK?覚えておきたい年末年始の喪中マナー

a0003_000186

 今年も残すところあとわずかとなったが、今年初めて喪中期間中に年末年始を迎える人は、例年との違いがわからず戸惑っている人も多いのではないだろうか。喪中とは、近親者が亡くなったときに一定の期間死を悼み、身を慎むことを指す。喪中期間中は晴れがましいことや派手な行動は慎み、お正月のお祝いや年始回り、神社への参拝も控えるのが一般的だと言われている。しかしながら、年末年始は親戚同士での集まりやお祝い事も多いため、どのように振る舞ったらよいか戸惑う人も多いだろう、株式会社メモリアルアートの大野屋では、以前、喪中に関する最新の問い合わせ事例を交えながら、喪中期間の過ごし方のポイントを紹介しているので、その一部を紹介したい。

【参考】https://dime.jp/genre/486018/

マナーのプロに聞くお歳暮を贈る時のQ&A

01

今年もやってくる「お歳暮」シーズン。毎年、何とか見よう見まねで贈ってはいるものの、実は、意外と知らないマナーもあるようだ。知らずにマナー違反をして目上の方にため息をつかれないためにも、こっそり、そのマナーを確認しておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/476272/

今さら聞けない「喪中はがき」の書き方とマナーQ&A

意外と知らない「喪中はがき」の書き方と基本マナー

11月1日から2017年度の年賀はがきの販売が始まった。そして12月に入り、年賀状をかき始める人も多いだろう。しかし、喪中の場合は、早い段階から「喪中はがき」を出し終えておきたい。 株式会社メモリアルアートの大野屋が設置している「大野屋テレホンセンター」では、年中無休で仏事に関する様々な相談を受けているが、この時期に急増するのが「喪中はがき」に関する相談だという。

【参考】https://dime.jp/genre/324756/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ