人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

あなたはどう?6割以上の親が「子供と話す時間」より「スマホ利用時間」のほうが長い

共働き家庭増加の影響もあって、親子関係が希薄になりがちなこの時代。子供が幼稚園や小学校に通い、手がかからなくなることで、面と向かって会話する時間が減ってしまったというママさんは多いはずだ。

では、実際のところ、世間においてどれくらいのママさんが、子どもとのコミュニケーションに問題意識を持っているのだろうか?

そこで今回、幼稚園または小学生の子供がいる20~40代のママ500名を対象にした「イマドキ親子の会話時間」についてのアンケート調査の結果が発表されたので、早速、紹介していきたい。

約6割が「自分が子どもの時より、子どもとの会話が減った」…会話時間は4割もダウン!?

はじめに、「スマホを持つことで自分が子どもだったころよりも、子どもとの会話が減っていると思うか」という質問が行われた。

その結果、約6割が「そう思う」(55%)と回答。[グラフ1] さらに、「会話が減っている」と回答した人に「どの程度まで会話が減っていると思うか」と質問が行われると、平均は「62%」という結果に。「自分が子どもの時」よりも4割近くも子どもとの会話時間が減ってしまっていることになる。[グラフ2]

「スマホ利用時間が子どもとの会話時間以上」は65%…84%が「子どもといてもスマホ」

続いて、1日のうち「子どもと対面で話す時間」と「スマホを利用している時間」の比較が行われた。その結果、「スマホ利用時間」は「1時間以上2時間未満」(31%)の回答が最も多く、一方で「子どもと対面で会話する時間」は「30分以上1時間未満」(28%)が最も多いという結果に。[グラフ3]

また、「子どもと対面で話す時間」以上に「スマホを利用している時間」が長いと回答した人は65%も見受けられる。[グラフ4]

実際に、ママたちからは、「お互いに手が空いている時間でも、YouTubeを見るなど、スマホを使って過ごしてしまう」(39歳:子ども/幼稚園児)、「つい家事やスマホをしながら話してしまう」(35歳:子ども/幼稚園児)などの声が挙がっており、「子どもと同じ空間にいても自分がスマホを見てしまうことがある」と回答した人は84%にも上る。[グラフ5] 「家事や育児の合間についスマホ」…そんなママが多いことがうかがえる。

8割超が「子どもとの会話を増やしたい」! 料理やおやつ作りで会話時間を増やしたいママも

一方、「子どもとの会話をもっと増やしたいと思うか」という質問に対して、84%が「そう思う」と回答しており、会話時間増を望むママが多いことがわかる。[グラフ6]

そこで、「どのように会話時間を増やしたいと思うか」という質問が行われると、「スマホの時間を減らせば、会話が増えると思う」(44歳:子ども/小学生)とスマホ利用を控えるという意見が見受けられる。さらに子どもとの会話を増やすために一緒にしたいこととして、「夕飯の手伝いをしているときに、これからの子供の料理の勉強も兼ねて会話を増やしたい」(43歳:子ども/小学生)、「おやつ作りなど、一緒に出来る時間を増やしたい」(42歳:子ども/幼稚園児)など、「一緒に料理をしたりおやつを作ったりする」という人も見受けられた。

「料理」「おやつ作り」は、ママと子どもの会話時間を増やすのに役立つと言えそうだ。

<調査概要>
・調査対象:幼稚園または小学生のお子さま(末子)がいる20~40代ママ500名 ※個人用のスマホを持っていると回答した人
・調査期間:2018年8月24日(金)~2018年8月27日(月)
・調査方法:インターネット調査

出典元:江崎グリコ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ