人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

ザギンでシースー!?銀座でクラフトビールと寿司のペアリングを楽しむイベントを開催

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

クラフトビールとグルメ回転寿司による創作寿司とのペアリングを楽しむ

 12月8日(土)、9日(日)の両日、銀座ソニーパーク地下4階「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」にて、「寿司×クラフトビールフェス」が開催される。同フェスは過去4回実施されているが、銀座では初の開催となる。

 フェスでは「第5回全日本回転寿司MVP選手権」で1、2位を獲得したグルメ回転寿司の「まぐろ問屋 三浦三崎港 恵み」と「がってん寿司」が提供する10種類+αと、SPRING VALLEY BREWERY(SVB)、ヤッホーブルーイング、常陸野ネスト、伊勢角屋、BROOKLYN BREWERY、FAR YEAST、GRAND KIRINの19種類のビールとのペアリングを楽しめる。

がってん寿司」は、手握りの江戸前寿司を流す「銀座で食べる寿司と同じレベルの味を5分の1の値段で」をコンセプトにしているグルメ回転寿司。フェスではクラフトビールに合わせて、世界三大珍味などを使った洋風にアレンジした寿司を提供する。

 三崎のまぐろをはじめ新鮮なネタの寿司と飲み物の組み合わせを提案している「グルメ廻転寿司」グループの「まぐろ問屋 三浦三崎港 恵み」。個性のあるクラフトビールに合わせて、チーズや岩塩を使うなど寿司にも個性を出して絶妙な味わいに仕上げた。

 クラフトビールは、イベントに携わっている日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキさんが書いた「麦」を使った漢字を羅列した、寿司屋の湯飲み風プラカップで提供。SVBフェス限定ビールとして、小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、米、米麹で作った「四代目鮨祭」も登場。入場は無料で、チケットは6枚つづり1800円(前売りは1700円)、2枚売り600円。

“お手本”ペアリングを参考にしつつ、自分がベストだと思うペアリングを探す

 ビールのおつまみの既成概念を覆す、クラフトビールと食のペアリングに取り組んでいる「BEER TO GO PAIRING LAB.」が提案したペアリングを試食してみた。似た色同士、似た風味同士という基本はあるものの、意外な組み合わせを見つけて、究極のペアリングを見つけ出す楽しみもあると、今回のペアリングを提案したメンバーのひとり、SVBの中水和弘さんは話す。

「寿司は見た目を重視して、ネタのひとつひとつをしっかり感じるものを作っていただいた。普段はさっぱりとした味の寿司を食べているという方からすると、ちょっと味が濃いのでは?とか、このビールとの相性はさほどよくないと感じることもあると思うが、実は狙いはそこ。グループで来られる方も多いので、みんなで議論しながらペアリングをして、みなさんの意見を聞けるように、ドンピシャな組み合わせにはあえてしていない。ストライクゾーンに入りつつも、みなさんはどうですか?と逆提案できる組み合わせにした。当日も人気投票を行って一番合う組み合わせを選ぶので、これこそはというペアリングをぜひ提案して欲しい」(中水さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ