人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

「ものを見て、ものを思い出す」記憶のメカニズムを発見!

「ものを見て、ものを思い出す」。

私たちは目にしたものから関連したものを思い出すことができる。

大脳の側頭葉は、「もの(物体)」に関する記憶を司る領域であり、この領域には記憶の記銘(覚える)や想起(思い出す)の際に活動する神経細胞(ニューロン)が多く存在することが知られている。

しかし、これらの側頭葉ニューロン群が「ものを見た」知覚情報から記憶を想起する際にどのように協調して働くのか、背景にある神経回路やその動作原理はほとんどわかっていなかった。

「ものを見て、ものを思い出す」記憶メカニズムの発見

そこで高知工科大学総合研究所特任教授の竹田真己らの共同研究グループは、それらの記憶メカニズムを明らかにすることを目的に、記憶課題を学習したサルを用いて、「ものを見て、ものを思い出す」際の側頭葉神経回路の働きについて調べた。

同研究では記憶課題実施中のサルの脳活動を計測することにより、「ものを見て、ものを思い出す」際に、大脳側頭葉の神経回路が皮質層単位で柔軟に切り替わることを発見。

さらに、この神経回路の切り替えがうまくいかないとサルは正しく図形を思い出すことができないことがわかった。この結果は、記憶を思い出す仕組みの一端を初めて明らかにしたものであり、今後の高次脳機能障害の診断・予防・治療法の精度を高くすると期待される。

成果は2018年11月6日に国際科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(オープン・アクセス)にて発表されている。

関連情報/https://www.nature.com/ncomms/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ