人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

HV、7人乗り、リアルタイム4WD、進化したホンダ『CR-V』の完成度を徹底検証

2018.12.02

新型CR-Vは欧州のさまざまな道で鍛えた走行性能も自慢だ。振幅感応型ダンパーや液封コンプライアンスブッシュ、可変ステアリングギアレシオVGR、アジャイルハンドリングアシスト、全開加速ステップアップシフト、最新制御のリアルタイムAWD、アクティブサウンドコントロールなど、走りにかかわるホンダこだわりのアイテムをフル搭載。気合いの入り方はハンパではない。

ちなみにCR-V初となる7シーターモデルがダウンサイジングターボのガソリン車にしか用意されないのは、HVの場合、車体後部床下にリチウムイオンバッテリーなどが収まっていて3列シート化が不可能だからだ。

ここで試乗したのは、ホンダの純正アクセサリー企画・開発部門のホンダアクセスが、新型CR-Vの最上級グレードとなるHYBRID EX・Masterpiece(FF)をベースにさまざまな純正アクセサリーを装着し、フルドレスアップした「Modulo CR-V」。スタイリッシュさ、迫力、使い勝手の良さがワンランク高まった、モデューロ製19インチホイール&タイヤを装着するスペシャルモデルである(基本的な走行性能は標準車と同じ)。

純正アクセサリー装着車

運転席に乗り込めば、SUVらしい爽快な視界に加え、NSXのものと似ているボタン式シフトセレクターやHVならではのデジタルメーターに先進感がある。ただし、ナビ画面はボルボなどの縦型大画面と比較すると小さめだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。