人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.29

初心者でもたっぷり楽しめる最旬レコードプレーヤー6選

ハイレゾなどオーディオのデジタル化が進む一方で、アナログメディアへの回帰の動きが活発になってきています。近年ではアナログレコードの人気が急上昇しており、各メーカーからプレーヤーの新製品が続々と発売されています。今回は最新レコードプレーヤーを紹介します。

レコードプレーヤー

ヤマハ『MusicCast VINYL 500』

ヤマハ『MusicCast VINYL 500』

MDF(中密度繊維板)を使った高剛性キャビネットに、アルミ合金のストレートアームを組み合わせ、開放感のある音を狙ったモデル。フォノイコライザーを内蔵するほか、ネットワーク機能も搭載する。

【参考】秋の夜長に堪能したい!手軽さと高音質を追求した新作オーディオ4選

DUO

外でも気軽にレコードを楽しみたい人にオススメしたいのが、セパレート式レコードプレーヤー『DUO』。 レコード再生機能とBluetoothスピーカーを1つに融合したセパレート式レコードプレーヤーで、お気に入りのプレイリストを原音に忠実なHi-Fiサウンドを楽しむことができる。

【参考】レコードプレーヤーとBluetoothスピーカーが一体化したスタイリッシュオーディオ「DUO」

ヤマハ『MusicCast VINYL 500』『TT-S303』

音楽好きにはたまらない…? 「GT-2000」や「PX-1」といった製品で高い評価を得たヤマハが27年ぶりに発売するターンテーブルが『MusicCast VINYL 500』と『TT-S303』。

【参考】27年ぶりにヤマハがターンテーブルを発売!レコードの音を他の機器に飛ばせるネットワーク機能を採用

デノン『DP-400』『DP-450USB』

世界的なオーディオブランドDenonがレコードプレイヤーを発売したのは1970年代。今回、新たに登場した『DP-400』と『DP-450USB』は従来のレコードプレーヤーとは異なり、「近未来」を感じさせるデザインに仕上がっている。

【参考】デノンのマニュアルレコードプレーヤーは未来を感じさせる新デザイン!

テクニクス『ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1200GR』

テクニクスが世界に先駆けて量産化したDDモーターを復活させた入門機。2層構造の高剛性シャーシで不要な振動を抑えて雑味の少ない音を実現。高精度な回転制御は高性能マイコンによるデジタル制御で行なう。

【参考】メンテ不要のダイレクトドライブが上質な音を奏でるテクニクスのターンテーブル『SL-1200GR』

amadana『SPINBOX』

amadanaは、DIYレコードプレーヤーキット『SPINBOX』の日本国内販売権を取得。2018年5月下旬より銀座十字屋が国内販売代理店として販売を開始する。価格は1万5000円。

【参考】アンプやスピーカーも搭載!amadanaの組立式レコードプレーヤーキット『SPINBOX』が予想以上に本格的だった

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。