人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.29

リビングがシアターに変身!コスパ最強のお値打ちサウンドバー6選

テレビに内蔵のスピーカーでは満足できない人にオススメなサウンドバー。簡単にテレビの音をアップグレードできて、映画やドラマを今まで以上に楽しめますよ。

サウンドバー

Sonos「Sonos Beam」

アメリカのオーディオ機器メーカーSonosが日本に本格上陸、スピーカーおよびオーディオ機器全製品を公式サイトで販売開始した。なお、ビームス、二子玉川 蔦屋家電、サンワカンパニー、HAY TOKYOおよびAmazonでも10月から順次販売を開始している。

【参考】ワイヤレスオーディオのパイオニア、アメリカのSonosが日本に本格上陸!

デノン『DHT-S316』

物足りなさを感じていたテレビの音を、劇的に大迫力サウンドに変えてくれるのがデノンの『DHT-S316』。「DHT-S316」は中音域と高音域にそれぞれ専用のドライバーユニットを搭載した2 ウェイ4 スピーカーのサウンドバーとワイヤレス・サブウーハーで構成される2.1chシステムだ。

【参考】テレビの音を大迫力に!デノンのワイヤレスサブウーハー付きサウンドバーシステム「DHT-S316」

JBL PROFESSIONAL「PSB-1」

PSB-1はテレビの下に設置する設備向けのテレビ用スピーカー(サウンドバー)で、前面にスピーカーがあるので音が直接耳に届き、小さな音量でもはっきりとクリアに聴くことができる。スピーカーはコンサートやスタジオ、映画館等のプロの現場で高い評価を得ているJBL製で、再現力の高い高域用スピーカー×1と高出力の低域用スピーカー×2をLとRのステレオで搭載。

【参考】JBL製スピーカーを搭載!音漏れを抑えるスリムなテレビ用サウンドバー、ヒビノ「PSB-1」が発売

TaoTronics『TT-SK019 』

今や、NetflixやHuluといった動画サービスが気軽にテレビで楽しめる時代。それに伴い、自宅で映画を観る機会が増えた人も多いはずだ。 そこでおすすめしたいのが、自宅でも映画館のようなサラウンドを楽しめるサウンドバー『TT-SK019 』。

【参考】1万円以下で買える!TaoTronicsのスタイリッシュなサウンドバー「TT-SK019 」

パナソニック『SC-HTB200-K』

パナソニック『シアターバー SC-HTB200-K』

高さ5.1×幅45cmのコンパクトなシアターバー。ボディー形状を台形にすることでスピーカーの定在波の反射を抑え、音をにごらせる共振を低減。ダイナミックエアロポートとハイパワーアンプで迫力の低音再生を実現した。

【参考】コンパクトなボディーから最大出力80Wの大音量を奏でるパナソニックの『シアターバー SC-HTB200-K』

ヤマハ『YAS-108』

ヤマハはこの夏、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデルとして、バーチャル3Dサラウンド技術や4K・HDR映像伝送に対応した、ワンボディのフロントサラウンドシステム『YAS-108』を全国で発売する。

【参考】ヤマハがバーチャル3Dサラウンド技術に対応したサウンドバーを発売

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。