人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

ポスト平成に語り継ぎたい、平成時代に最も輝いていたスポーツ選手TOP10

2019年5月1日に改元が行われる。長かった平成時代がついに終わりを告げることになるわけだ。

そこで今回、全国の20歳~69歳の男女1,000名(全回答者)を対象にした、「平成時代の思い出」についてのアンケート調査の結果が発表されたので、早速、紹介していきたい。

「平成時代は良かった」男性では約3割、女性では約5割

はじめに、全回答者(1,000名)に、自身にとって“平成時代”は良かったか、良くなかったかを聞いた調査では、『良かった(計)』(「とても良かった」「やや良かった」の合計、以下同様)が39.8%、『良くなかった(計)』(「全く良くなかった」「あまり良くなかった」の合計)が19.9%、「どちらともいえない」が40.3%となった。

男女別にみると、良かったと感じている人の割合は、男性31.8%、女性47.8%で、女性のほうが16.0ポイント高いという結果に。

年代別に『良かった(計)』の割合をみると、20代(59.0%)が最も高くなった。平成より前の時代を経験していない20代では、平成時代を良かったと感じている人が多いようだ。また、最も低かったのは50代(27.5%)だった。

平成時代に上手くいかなかったこと 1位「貯蓄」2位「仕事」3位「恋愛・結婚」

続いて、全回答者(1,000名)に、平成時代の暮らしについて調査が行われた。

平成時代に上手くいくと思っていたことを聞いた調査では、「仕事」(27.2%)が最も多く、次いで、「家族との関係」(18.5%)、「恋愛・結婚」(18.1%)、「趣味」(16.4%)、「友人との関係」(16.2%)となった。仕事が順調であることに期待感を持っていた人が多いようだ。

次に、平成時代に上手くいかなかったと思うことを聞いた調査では、「貯蓄」(33.3%)が最も多く、次いで、「仕事」(24.8%)、「恋愛・結婚」(16.3%)、「健康」(15.4%)、「投資(金融投資など)」(12.0%)という結果に。

性年代別にみると、20代男性と20代女性では「勉強」(20代男性・24.0%、20代女性・22.0%)、40代男性では「恋愛・結婚」(32.0%)、50代男性では「仕事」(42.0%)がそれぞれ他の層と比べて高くなった。

20代女性の8割半が「平成時代にお金を使いすぎたと思う」と回答

平成時代には、どのようなことにお金をかけた人が多いのだろうか。
まず、全回答者(1,000名)に、平成時代に、お金を使いすぎてしまったと思うかを聞いた調査では、「そう思う」は69.1%、「そう思わない」は30.9%となり、使いすぎの実感があるという人が多数派となった。
性年代別に「そう思う」の割合をみると、20代女性(84.0%)が最も高くなった。

お金を使いすぎてしまったと思う人(691名)に、どのようなことにお金を使いすぎたと思うかを聞いた調査では、「食事」(29.5%)が最も多く、次いで、「衣類・ファッション」(21.9%)、「レジャー・旅行」(17.8%)、「住宅」「自動車」(いずれも12.9%)となった。普段の食事や外食など、食費がかさんだと感じている人が多いようだ。

性年代別にみると、20代男性や40代男性では「ゲーム」(20代男性・18.1%、40代男性・17.2%)、60代男性では「自動車」(26.5%)、20代女性では「美容」(26.2%)、30代女性では「ケータイ・スマホ」(28.4%)、40代女性では「衣類・ファッション」(35.8%)がそれぞれ他の層と比べて高くなった。

続いて、全回答者(1,000名)に、平成時代に、良いお金の使い方ができたと思うか聞いた調査において、「そう思う」は48.5%、「そう思わない」は51.5%となった。

良いお金の使い方ができたと思う人(485名)に、どのようなことで良いお金の使い方ができたと思うかを聞いた調査では、「レジャー・旅行」(26.0%)が最も多く、次いで、「住宅」(14.8%)、「子どもの教育」(13.8%)、「食事」(13.4%)、「自動車」(12.8%)となった。レジャーや旅行への出費が有意義だったと考える人が多いようだ。

性年代別にみると、20代男性では「パートナー(恋人・配偶者)へのプレゼント」(25.0%)、40代男性では「自動車」(26.7%)、60代男性では「住宅」(31.3%)、50代女性では「子どもの教育」(25.6%)がそれぞれ他の層と比べて高くなった。

平成時代に40代・50代・60代がハマったブーム 「パソコン」「若貴」「カラオケ」「塩麹」

平成時代には、さまざまなものがブームになったが、どのようなブームにハマったか質問が行われた。
全回答者(1,000名)に、平成時代のブームでハマったものがあるか聞いた調査において「ある」は59.2%、「ない」は40.8%となった。

ハマったブームがある人(592名)に、どのようなブームにハマったか聞いた調査では、「たまごっちブーム」(31.8%)が最も多く、次いで、「スマートフォンブーム」(30.4%)、「SNSブーム」(27.9%)、「携帯電話ブーム」(27.7%)という結果に。

特に40代以上がハマったブームでは、「パソコンブーム」(40代男性・50代男性・60代男性・60代女性では1位)、「大相撲・若貴ブーム」(50代男性では2位)、「カラオケブーム」(40代女性では2位)、「塩麹ブーム」(60代女性では2位)などが挙げられた。

開始されて良かった制度・取り組み 3位「ふるさと納税」2位「クール・ビズ」、1位は?

平成時代には、新しい制度や取り組みがいくつか始まったが、全回答者(1,000名)に、平成時代に開始された制度・取り組みで、自身の生活を変えたと思うものを聞いた調査では、「消費税」(36.6%)が最も多く、次いで、「学校週5日制」(13.3%)、「ゆとり教育(学習指導要領改訂)」(10.2%)、「マイナンバー制度」(7.8%)、「大学入試センター試験」(5.6%)となった。

年代別にみると、20代では「ゆとり教育(学習指導要領改訂)」(30.0%)が他の年代と比べて際立って高いという結果に。教科の学習内容削減や“総合的な学習の時間”の新設といった学習指導要領の改訂に、影響を受けた人が多いのではないだろうか。

また、平成時代に開始された制度・取り組みで、開始されて良かったと思うものを聞いた調査では、「学校週5日制」(12.2%)が最も多く、次いで、「クール・ビズ」(11.7%)となった。そのほか、「ふるさと納税」(11.0%)、「エコカー減税」(9.4%)、「NISA(少額投資非課税制度)」(6.3%)と、税金に関連する制度も上位に。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ