人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.28

実は生命保険料控除の対象外!少額短期保険のメリットとデメリット

少額短期保険、通称「ミニ保険」とはどんなものかご存じだろうか?

「ミニ保険」はその名のとおり、少額で短期間の保障を安い保険料で得られる保険のこと。2006年4月の保険業法改正に伴い誕生し、現在、個人のニーズに合わせた様々な商品が提供されているが、実際のところ、世間の人たちからはどの程度認知されているのだろうか?

少額短期保険の認知度は2割強

「少額短期保険をどのようなものか知っているか」という質問に対して、「知っている」と答えた人はわずか6.5%にとどまった。「名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない」(16.9%)と合わせても、認知率は2割強という結果に。まだまだ、世間的に認知されていない現状が明らかになった。

少額短期保険の魅力とは?

 

少額短期保険に関して魅力的だと思うことは「保険料が手頃」が37.9%で最多だった。以降、「必要な保障の内容だけ加入できる」(23.4%)、「少額の保障を、少額の保険料で準備できる」(20.4%)、「必要な期間だけ加入できる」(17.2%)、「シンプルでわかりやすい商品が多い」(16.6%)が続く。これらの他、少額短期保険加入経験者では「気軽に申し込める」も比率が高くなっている。

少額短期保険の魅力的ではない点は、「生命保険料控除の対象外」が最多。

一方、「少額短期保険の魅力的ではない点は?」という質問に対して、「生命保険料控除の対象外」(20.6%)が最多という結果に。以降、「保険料が安くても、トータルだと保障内容に対して割安ではない場合がある」(20.2%)、「セーフティーネットがない(会社が倒産した際の保障制度)」(18.0%)、「種類が多すぎてわかりにくい」(17.4%)が続いた。

最後に、少額短期保険に加入したい人、加入したいと思わない人、それぞれの意見を一部抜粋して紹介していく。

◆加入したい商品がある
・年齢的に入れなくなっているものがあるので、高齢でも入れるのは有難い。(男性 69歳 名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない)
・少額でその時に自分が必要に感じたものを短期で掛けられて、補償してもらえると思うから。(女性 64歳 名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない)
・旅行保険のように短期で掛け捨てであれば。(男性 49歳 知らない)
・現在の保険の足りないところをカバーする保険だと思ったから(女性 30歳 知らない)
・今の保険では保障されないものの、プラスαとして(女性 59歳 知らない
・地震保険で全壊などの大きな被害は無くても、瓦が落ちた屋根や歪んだ門扉を直すなど、軽い被害の補償が有れば良いと思った。(女性 68歳 知らない)


◆加入したいと思わない
・通常の保険に入っているのでそれ以上入る必要がないと感じているから。(男性 53歳 知らない)
・普通の保険で割戻金とかのあるほうがメリットを感じるから。(女性 38歳 知らない)
・保険料が少なくていい分、受けとる額も少なく、保険検討、手続きの手間を考えても加入することにあまり価値を感じないから。(女性 40歳 名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない)
・特定の物だけの保険ではなく、広くカバー出来る保険の方が魅力的なので。(女性 38歳 知らない)
・総合的に考えると割に合わないと思うから(男性 53歳 知らない)

出典元:マイボイスコム株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ