人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.28

日本人の英語能力指数、88か国中49位でレベルは「低い」

無料のオンライン英語能力測定テストEF SETの受験データを元に、非英語圏の国と地域における英語能力を経年的に計測・追跡するためのベンチマークとして発表されている『F EPI英語能力指数』。

日本は3年連続で「低い」英語能力レベルに

イー・エフ・エデュケーション・ファーストが発表した「EF EPI英語能力指数2018年版」によると、日本のランキングは年々下落。2011年の初版では、全44か国中14位(EF EPIスコア54.17)であった日本の順位は、8年連続で下落している。今年はついに、全88か国中49位にまでランキングを落とし、世界全体との相対的な英語能力の開きが鮮明に…。

また、調査対象国・地域、受験者数は88か国、130万人に拡大東欧、中央アジア、中南米地域を中心に13か国の国々が新たに調査対象国に加わり、総調査対象国は88か国・地域に拡大。そのうち8か国では昨年よりEF EPIスコアが2ポイント以上伸び、「非常に高い」英語能力レベルに位置付けられた国々は過去最高の12か国となり、全世界的な英語能力は上昇傾向にある。

さらに、職種別では法務や経営企画、ITなどの専門職の英語能力がより高い傾向に国、業種をまたいだ職種間の英語能力の比較では、法務の英語能力が最も高い結果に。続いて、経営企画、ITがいずれも「高い英語能力」のレベルに位置付けられている。一方、人事、カスタマーサービス、事務、流通・販売業務の従事者は総じて、英語能力が「低い」または「非常に低い」レベルにとどまっている。

EF EPI 英語能力指数2018年のランキングおよびレポート全文は、下記の関連情報をチェックだ。

関連情報/http://www.efjapan.co.jp/epi/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ