人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.24

知らなきゃ損する医療費控除のきほんのき 

医療費控除とは、支払った医療費が1年間の間に一定額を超える時、申告を行うことで所得税の還付や、住民税の減税を受けることができる制度です。人によっては意外と多い控除を受けれるこの制度、自分は控除を受けれるのか? 申請の方法は? しっかり勉強して申請してみませんか?

医療費控除 

タクシーは○、定期の利用は×!?医療費控除の交通費はどこまで認められるか?

 2018年(2017年度分)の確定申告より、医療費控除の申告方法が変わりました。新たに創設されたセルフメディケーション税制も含め、おさらいしてみましょう。

【参考】https://dime.jp/genre/589391/

意外と知らない医療費控除の対象期間と申告期間|目安は年間10万円、救済措置はある?

医療費控除とは、生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費が、1月1日から12月31日までの1年間の間に一定額を超える時、申告を行うことで所得税の還付や、住民税の減税を受けることができる制度です。

【参考】https://dime.jp/genre/619561/

医療費控除は年末調整される?されない?

 今年も年末調整用の書類を提出する時期になりました。ボーナスとは比べものにならないし、書類を提出するのも面倒だけど、ほとんどのケースでお金が戻ってくるので楽しみにしている人も多いようです。  中には、今年かなり医療費を使ったから、いつもより期待できるかも……。なんて考えている人もいるかもしれませんね。 でも、ちょっと待ってください。その認識、間違ってます!

【参考】https://dime.jp/genre/624436/

医療費控除の書き方|エクセルの見本を使えば簡単!

 医療費控除という言葉は知っていても、実際に申告をしたことのある人は少ないといいます。一般的な勤め人であれば、適用される額が年間で10万円以上なので、大きな病気や入院でもしない限り届きません。健康な単身者なら尚更です。

【参考】https://dime.jp/genre/625407/

予防接種は医療費控除に含まれないってご存じ?

 医療費控除は多額の医療費を支払ったとき、確定申告を行うことで還付される制度です。目安となる額は一般的な世帯なら年間10万円(毎年1月1日~12月31日の合算)。最高200万円まで戻ってくるので、もし10万円を超えるのなら、領収書をかき集め対象となる医療費を、もれなく入れたいものですね。

【参考】https://dime.jp/genre/627422/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ