人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPad Proと相性抜群!充電いらずの有線式スマートペン『SonarPen』

2018.11.24

「上海」をプレイしてみる

ただ、この記事ではSonarPenを「イラスを描くための道具」として捉えたくはない。

イラストもさることながら、日常のあらゆるシーンで使用できるものを筆者は取り上げていきたいと考えている。例えば、通常のブラウジングにおいてもSonarPenは有用である。

先が細い分、小さな表示にも正確に接触することができる。

では次に、これを使ってゲームをしてみよう。ここではサンソフトの『上海』をやってみる。

筆者は麻雀ができないが、にもかかわらず子供の頃から上海で遊んでいる。小学生の頃にカプコンのストリートファイターシリーズやSNKの餓狼伝説シリーズが大流行したが、その流れに逆らって筆者はゲームセンターでひたすら上海に打ち込んでいた。随分とおやじ臭いガキだったと自分でも思う。

iPad×SonarPenという組み合わせの上海は、非常に快適だ。自分の思った通りの牌を即座に選択することができる。これが人間の指では、時たま別の牌をタッチしてしまう場合がある。

咄嗟の手書きに最適

最後に、SonarPenを使って写真を加工してみよう。

これには特殊なアプリは使わない。最初からiPadに用意されている編集メニューで、画像に手書きの文字を書き込む。下のスクリーンショットのように、Google Mapに詳しい解説文を入れたい場合はSonarPenをつないでそのまま文字を書く。

何しろ、SonarPenはBluetooth接続製品ではない。イヤホンジャックに挿して即座に使える。もちろん、Apple製品専用というわけではなくAndroid端末でも利用可能だ。

Google Mapとは、文字通り地図だ。そうである以上、上空からの見下ろし図であることは仕方ない。誰かと待ち合わせをしている場合、その場所に何があるのかということを文字で記載する必要も出てくるはずだ。ストリートビューと組み合わせればより効果的である。

SonarPenの不安な点をひとつ挙げれば、有線式故に断線の可能性があるかもしれないということだ。あまり急な角度で根元を折り曲げないようにしたい。

ただ、そもそもの値段がかなり安いため(販売予定価格235香港ドル=約3400円)、もし断線が起きても割と気軽に新しいものを取り寄せることができる。

【参考】
SonarPen: World's most affordable Smart Pen-Kickstarter
上海-サンソフト

取材・文/澤田真一

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。