人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.21

手書きならではの感覚とデジタルの利便性を両立させたスマートノートパッド『bink』

+Styleは、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」で、手書きノートを高解像度デジタルデータやテキストデータに変換できるビーラボ製のスマートノートパッド「bink(ビーインク)」の販売を開始した。+Style販売価格は1万9224円(税込)。

「bink」は、スマートパッドとスマートペンを組み合わせたデジタル文房具。ノートの良さである自由な記述をそのまま画像データとして保存できることに加え、文字認識によるテキストデータ化も可能だ。データ化した内容はアプリで管理、共有できる。テキストデータ化は、日本語以外にも、英語と中国語、フランス語に対応する。

「オンラインモード」と「オフラインモード」を用意し、「オンラインモード」はスマートフォンとペアリングをして、リアルタイムでデジタルデータを確認しながらライティングができ、「オフラインモード」はペアリングせずに書いたデータを保管し、次のペアリングの際に同期することができる。保管しておけるデータ量は約100ページ分。

筆圧センサーは1024段階の検知が可能で、待受時間はペンが2,500時間、スマートパッドが600時間。なお、ノートはA5サイズ、ペンはD1規格の市販品を利用できる。

セット内容は、スマートパッド×1、スマートペン×1、A5ノート×2、USBケーブル×1、ボールペン用替え芯(D1)×4、芯抜き×1、単6形電池×1、取扱説明書×1。対応OSはiOS7.0以降、Android4.4以降。

関連情報
https://plusstyle.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ