人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.21

エントリーモデルでも本格的な音が楽しめるオンキヨーのステレオプリメインアンプ「A-9110」

価格は42,000円(税別)とエントリークラスながら、音源の持つ魅力を音楽性豊かに再現するオンキヨーブランドのステレオ・プリメインアンプ「A-9110」。

テレオ・プリメインアンプ「 A-9110」

音楽を心地よく再現できるよう入念なサウンドチューニングを施こしており、スピーカー出力を1系統とすることでリレー回路によるスイッチングロスをなくし、アンプ部からの出力をスピーカーに直結させることで、滑らかな高域と自然で広がりのある音場を実現した。

音質に大きな影響を与える重要な箇所には随所にハイグレードパーツを惜しみなく投入。電源部はカスタム設計された大容量(8,200μF)のコンデンサーを2基搭載し、電源トランスには大型のEIトランスを採用した。

カップリングコンデンサーにはオーディオグレードコンデンサーとして音質に定評のあるNichicon社製Fine Goldを採用するなどクラスを超えたこだわりのハイグレードパーツ群を惜しみなく投入している。

Nichicon社製Fine Gold

めまぐるしく変化する音声信号に対しても揺らぐことの無い余裕を持たせた電源容量を確保し、各回路の安定動作を実現することで、特性が異なる様々なスピーカーとの接続時においても、ダイナミックでエネルギッシュなサウンドを実現。

夜間のように、ボリュームを絞ってのリスニング時には、人間の聴感の特性上、不足に感じがちな低域と高域を増強する「Phase Matching Bass Boost」技術を搭載している。

一般的なラウドネス機能では、ヴォーカルなどの帯域で位相ズレが発生し、増強された低域に中域が埋もれてしまうことで、鮮明さが薄れ、聴こえにくくなってしまうという現象が発生していたが、この技術では、聴感上不足しがちな帯域を補いながらも、ボーカルを曇らせることなく豊かで滑らかな低域とクリアな中高域の両立を実現した。

関連情報/https://www.jp.onkyo.com/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ