人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.25

「gpd pocket2」はミニマルデザイン好きやデジタルノマドを幸せにするガジェットだ!

長辺はボールペン1本分+ちょっとぐらいというサイズ感

わたしはフリーランスの編集者・ライターなので、取材や打ち合わせにパソコンは必須です。「今日こそなしでいいかも!」と、久々にパソコンを置いて出かけた日に限って必要な状況になることは少なくなりません。こんな「あるある」の救世主として現れたのが、7インチの「gpd pocket2」。どんな小さなバッグにも、なんならポケットにも入るサイズ感のため毎日かる~く携帯できます。スペック的・メカ的な説明は、あちこちでレポートされているので、「超ミニパソコンのある暮らし」の幸せ感をテーマに記事を書きました。

ファンミーティング→クラウドファンディングの大熱狂

2018年7月30日、Indiegogo(インディーゴーゴー)というアメリカのクラウドファンディングサイトで募集スタート。早期出資枠は1800台で、メモリの容量別に4GB(529ドル)と8GB(599ドル)の2種類。2018年11月上旬の市販価格よりお安く設定されていた、という話です。間に合った人はラッキー、そうでなくても8万円弱というお手頃価格で入手可能(※参考:11月20日現在、保護フィルムやケースなどがセットになって79,800円で予約注文受け付け中)。クラファンは好調で当初予定の1000台が、1800台まで増枠されたとか。

ちなみに、前モデル「gpd pocket」時代から根強いファンがついていて、今回のクラファンに先駆けて「gpd pocket2ファンミーティング」なるものが行われ、すでにハートとお財布をつかまれていた人々がたくさんいたらしい。知らなかった!

下から、100均のA5サイズクッションポーチ、gpd pocket2本体(iRingとハンドストラップ装着)、モバイルバッテリー、100均のケーブル、ミニサイズのマウス。サイズ比較用にiPhoneSEも置いてみました

クラファンに出資したのが7月末、到着したのが10月下旬。待っている間も、ツイッターで同好の士と「まだかな」と情報交換したり、周辺アクセサリーを集めたりと楽しい日々を過ごしました。

小さくてかわいいのに堅牢なマグネシウムボディ

外で仕事をするノマドワーカーには、一般的には13インチ前後がほどよい感じです。必要ファイルを複数見られるディスプレイの視認性と、無理なくタイピングできるキーボードの大きさ感、携帯性がちょうどよいから。でも、それなりに重く、頑張って持ち歩いたのにパソコンとしての出番がなく、「でっかいモバイルバッテリー」として使っただけだったいう日があるのも「あるある」なのです。

でも、この7インチなら、「迷ったら持つ」「迷わなくても常に携帯」「使わなくても罪悪感ゼロ」が可能となります。ノートパソコン特有のもっさりとしたACアダプターではなく、モバイルバッテリーでも充電OK。純正ケーブルは両端がUSB Type-Cコネクタですが、「一方:USB Type-C、もう一方:USB Type-A」のものにすれば手持ちのスマホ用モバイルバッテリーの使用OK。なんて幸せ。こういったコードは100均で買えますよ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ