小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Google翻訳の英語翻訳活用法|わかりやすい英語、日本語に訳すコツ

2018.11.22

英語の発音チェックができる? Google翻訳の音声認識はかなり高精度

Google翻訳の音声認識の精度は、かなり高い。これは我々が日本語で話しかけてみても、ほとんどまちがわずに認識する事実から確認できる。当然、英語も同等のレベルにあると予測されるので、こちらが話しかけた英語がちゃんとGoogle翻訳に認識されれば、正しい発音であることの証明になるだろう。

日本人の英語は、「L」と「R」がうまく発音できないと言われている。しかし、「L」と「R」が入っていない英文でも正しく認識されない例はいくらでもある。これはなぜだろうか?

Google翻訳に正しく認識させる、英語発音のコツとは?

「What time is it now?」を「掘った芋いじるな」と発音すれば、英語として通じる。これは、日本人の発音とイントネーションの悪さを皮肉ったジョークだ。この英文には「L」も「R」も含まれていないが、イントネーション(声の抑揚)なく発音すれば、Google翻訳の優れた音声認識でも正しく認識してくれない。英語の発音は、正しい発音だけでなく、声の抑揚も大事な要素なのだ。

これらを学習するには、どうよいか? Google翻訳は、ここでも役に立つ。まず、日本語で文章を読み上げ、正しく認識されたことを確認してから翻訳。次に英語で発音させるのだ。これを今度は自分で読み上げ、Google翻訳に正しく英文として認識されれば成功だ。

ただの翻訳アプリではなく、ネイティブスピーカーの教師にもなり得るGoogle翻訳。使い方次第で、外国語の学習やパーソナルトレーニングにもなり得る子のアプリを、上手く活用していこう。

取材・文/ねこリセット

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。