人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.20

キヤノンが光学65倍ズームレンズと最大約2030万画素のCMOSセンサーを搭載したコンデジ「PowerShot SX70 HS」を発売

2014年に人気を博したキヤノン「PowerShot SX60 HS」の後継機種が12月下旬に登場する。

それが、映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ『PowerShot SX70 HS』だ。

コンパクトカメラの高倍率モデル“PowerShot SX70 HS”

1台で超広角から超望遠、さらにはマクロ撮影(接写)まで幅広い撮影領域に対応した高倍率モデル。最新の映像エンジンDIGIC 8や約236万ドットの高精細電子ビューファインダー(EVF)を搭載し、天体やスポーツの撮影など、小型ボディーながら高倍率を生かした幅広い撮影ニーズに応える。

広角21mmから望遠1365mm相当までをカバーする光学65倍ズームレンズと有効画素数最大約2030万画素のCMOSセンサーを搭載。また、デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能により、画像の粗さを目立たせずに約2730mm相当の望遠撮影が可能だ。

本格的なファインダー撮影が楽しめるよう、約236万ドットの有機ELパネルを採用した0.39型の高精細EVFを内蔵するとともに、グリップ部や電子ダイヤルなどの操作部材の配置を見直している。

また、EVFの接眼部に新たに備えた「アイセンサー」により、ファインダー表示とライブビュー表示を自動で切り替えることが可能だ。最新の映像エンジンDIGIC 8により、高精度にブレを抑制する「デュアルセンシングIS」を実現し、静止画撮影時に5段分の高精度な光学手ブレ補正効果を実現。

さらに、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約5.7コマ/秒、AF・AE固定で最高約10.0コマ/秒と従来機種に比べて連写性能を向上するとともに、高精細な4K動画/4Kタイムラプス動画の撮影ができ、4K動画から高い解像感を維持したまま静止画を切り出すことも可能だ。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ