人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.25

相手との関係に不満があっても別れないカップルがいるのはなぜ?

 アナタはこれまで何人のパートナーとつき合ってきただろうか。その数はアナタの母親がつき合った人数と同じであるという。

社交スキルは母親から受け継がれる

 破局や離婚を繰り返して何人ものパートナーとつき合う人もいれば、1人のパートナーと末永く添い遂げる人もいる。当人の性格特性の問題だといってしまえばそれまでにはなるが、相手との相性の問題もあるだけに問題は複雑だ。

 しかしこの問題を高い確率で占える指標があるという。それは当人の母親がつき合ってきたパートナーの数だ。

 米・オハイオ州立大学をはじめとする合同研究チームが先日に学術ジャーナル「PLOS ONE」で発表した研究では、性格特性と社交スキルはかなりの部分、母親から受け継がれるものであることを報告している。パートナーとの安定した関係性維持のための人的交流の能力は母親と同程度になる可能性が高くなるということだ。

 研究チームは国内7152人を24年間にわたって追跡した調査を分析し、母親がつき合ってきたパートナーの数がその子どもがつき合うパートナーの数と似ていることを突き止めた。

Mirror」より

「母親は結婚に関係する性格特性と人的交流スキルを良かれ悪しかれ子どもに伝えていることを我々の研究結果は示しています」と研究チームのクレア・カンプ・ダッシュ教授は語る。

 これまでの研究では子どもの頃に両親が離婚した家庭に育った者は将来本人も離婚しやすいことが報告されている。そして今回、離婚だけでなくつき合うパートナーの人数も母親の影響を受けていることが浮き彫りになったのである。

「より多くのパートナーとつき合ってきた母親は、人間関係に長けてないか、問題にじゅうぶんに取り組んでいなかったか、あるいはメンタルヘルスの問題を抱えている可能性があり、これらがパートナーとの関係を損なうとともに不安定にする可能性があります。このメカニズムがどんなものであれ、これらの特徴が子どもに伝わり、子どもの人間関係もまた同じく不安定になる可能性があります」(クレア・カンプ・ダッシュ教授)

「子どもは親の背中を見て育つ」というが、こうしたネガティブな要素も子どもに伝わってしまうという知見は広く共有されなければならないだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ