人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.20

髙島屋に聞く2018年のお歳暮トレンドはちょっと懐かしい「平成グルメ」

今年もお歳暮シーズンがやってきた。近年のお歳暮のトレンドにはどんなものがあるのだろうか。お歳暮商戦の真っ只中でさまざまな工夫を駆使する百貨店の中でも、今回は高島屋の担当者に、今年のトレンドや具体的な施策を聞いた。

高島屋のお歳暮トレンド対応

2018年のお歳暮のトレンドにはどんなものがあるのだろうか。高島屋のお歳暮担当に聞いてみた。

1.ネット購入

「近年、お歳暮はネットでの購入へと移行してきている流れがあります。今年はネットでの販売について前年二桁増の売上を目指し、お歳暮商戦全体として前年売上を確保する方針です。ネット目標売上は、前年比+10.7%。ネット二桁増目標のために、前年同様に高島屋オンラインストア掲載点数約8,200点(前年:約8,000点)のうち、期間中、最大約5,000点(前年同様)を日本全国送料無料とします。(店頭でも関東店舗は、1,300点が日本全国送料無料)」

2.インスタ映え、自家買い傾向

「のし紙を付けるいわゆる『お歳暮』以外の用途での売上増も重要のため、近年のトレンドであるインスタ映え、自家買い、カジュアルギフトに対応した、“お歳暮プラスワン”でご購入いただける趣向を凝らした商品のご提案もしています」

3.時短ニーズ

百貨店界隈では、「時短」ニーズがトレンドといわれている。高島屋でもこのトレンドを意識して揚げ物商品を前年の1種類から4種類に増やした。

「前年のお中元・お歳暮の中で、自分買い需要の多いアイテムは、レンジで温めるだけの商品や、野菜が手軽にとれる惣菜などが人気でした。そこで2018年のお歳暮は、自分買いにつながる品ぞろえを意識し、ワーキングママやご高齢の方が簡単便利に、手軽に夕飯の一品としてお使いいただける、油要らずの揚げない揚げもの『楽チン!!揚げもの』を4種類に増やしました」

その4種類は、フレンチの鉄人考案のこだわりコロッケ、トンカツ専門店「銀座梅林」のひとくちヒレカツ、まぐろカツ、海老カツレツと黒毛和牛のビーフコロッケセット、と豪華なラインナップ。いずれも電子レンジでチンして手軽に食べられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ