人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.18

なぜ、この時期に肌がかゆくなる人が増えるのか?

寒さが厳しくなってきた今日この頃。この時季は空気が乾燥して、毎年肌トラブルを起こしてしまう…なんていう人も多いことだろう。

では、実際のところ、秋~冬にかけて肌トラブルに見舞われている人はどれくらいいるのだろうか?

今回、メディカルコスメ®のパイオニア・ドクターシーラボによる20~50代の男女251名を対象にした秋冬の肌トラブルに関して調査結果が発表されたので、早速、紹介していきたい。

「かゆい!」と嘆く人、急増中!

秋冬に生じたことのある肌トラブルは、ダントツで“かゆみ”。気付いたら掻きむしっていた!なんて方も多いのではないだろうか?さらに“粉吹き”や“肌あれ”など、見た目にも変化を及ぼす症状に陥る人も多いようだ。

約65%は我慢をする!?

肌トラブルを起こしたと実感している人の皮膚科への受診率は、約35%!“かゆみ”や“粉吹き”などのトラブルを抱えつつも、多くの方が堪え忍んでいる様子が伺える。

“とりあえず放置”派が多数と判明

「自分で対処するから病院に行かない」という人は、なんと全体の約5%という結果に。“なんとなく病院に行かない”人が大多数を占めていることがわかった。

この時季の肌トラブルの原因は「乾燥」。その対策は?

秋から冬の季節の変わり目は気温とともに湿度が著しく低下。空気が乾燥することで肌表面(角層)の水分が奪われる。それに伴い、角層のバリア機能も失われるため、外部からの刺激を受けやすくなり、かゆみや肌あれなどの症状が出やすくなるのだ。
そのため、この時季の対策としては角層に水分をたっぷりと与え、保持することが重要。気温や湿度に負けないように肌内部のうるおいをとどめ、外からの刺激を跳ね返す肌を目指そう。

調査概要:Webアンケート/2018年9月25~26日/20歳~59歳 男女251名

出典元:株式会社ドクターシーラボ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ