人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.19

ついにデュアルSIMに対応!iPhone XSでeSIMを使えるか試してみた

 eSIMとは、通信機器内に組み込まれているSIMカードを意味する「Embedded SIM」の略です。通常のSIMカードの場合は、本体のSIMカードスロットに入れて使い、契約する通信会社が変わるとSIMカードを差し替える必要がありますが、eSIMの場合は通信経由で通信会社の契約情報を書き換えることができるのが特徴です。

 iPhone XS/XS Max/XRは、通常の物理的なnanoSIMカードに加え、eSIMを使うことができるデュアルSIMに対応しています。iOS 12.1にアップデートすることで、いつも使っているnanoSIMカードはそのまま、別の通信事業者のモバイル通信プランをiPhoneで契約して使うことができるようになりました。

iPhone XS/XS Max/XRはeSIMによるデュアルSIMに対応します。

日本国内の通信会社は現在対応せず

 ただ、iPhoneでeSIMを使うには、eSIMで使うプランを提供している通信会社と契約する必要があります。2018年11月現在、iPhoneのeSIMに対応すると表明している通信会社は以下の通りで、日本の通信会社で対応を表明しているところはありません。

iPhone向けeSIMサービスを提供している通信会社(11月7日現在)。これに加え、グローバルなサービスプロバイダとしてGigSkyとTruPhoneがAppleのサイトに記載されています。


 ただ、2020年の大イベントを控え、訪日外国人が増えている状況ですので、日本の通信会社も対応を検討しているはずです。例えば、フルMVNOになったインターネットイニシアティブ(IIJ)がiPhoneのeSIM接続の実験を行い、成功したという報道もありましたので、今後、サービスを提供する可能性があります。

eSIMを使うにはiPhoneのSIMロック解除が必要

 キャリアで購入したiPhoneでeSIMを設定するには、まずiPhoneのSIMロックを解除しておきます。キャリアのWebサイトを利用すれば、無料でSIMロックを解除できます。基本的に、端末を一括で買えば即日、分割払いの場合でも購入から100日経てばロックを解除できます。

 通常は、今、使っているnanoSIMカードで契約している会社とは別の通信会社と契約し、iPhone上で2つの回線を利用することになるでしょうが、通信会社が対応していれば、eSIMを唯一のモバイル通信プランとして使うことができるとAppleのサイトには記載されています。

QRコードかアプリ、あるいは「SM-DP+アドレス」を入手する

 2つ目の通信プランを契約するには、通信会社から提供されるQRコードを読み取るか、アプリを利用するか、もしくは情報を手動で入力します。手続きはiPhoneの「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」で行います。QRコードリーダーが起動するにで、通信会社が提供するQRコードを読み取るか、「詳細情報を手動で入力」をタップして、「SM-DP+アドレス」などを手入力します。

「モバイル通信プランを追加」をタップすると、QRコードリーダーが起動します。

QRコードリーダー画面下部の「詳細情報を手動で入力」をタップすると、情報を手入力できます。

 このQRコードや情報の入手先ですが、カナダの通信会社、BellやVirginはWebサイトでQRコードやSM-DP+アドレスを公開しています。また、イギリスの通信会社EEでは、2回線目をeSIMで契約する際にQRコードが渡されるようです。

 試しに、VirginのWebサイトにあったQRコードを、自分のSIMロックフリーのiPhoneで読み取ってみたところ、有効ではないといわれ、契約を進めることはできませんでした。もしかして、カナダ国内で手続きすれば、契約できるのかもしれませんが。

VirginのQRコードを読み取ったものの、契約手続きを進めることはできず。SM-DP+アドレスを手入力してもダメでした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。