人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.14

音と映像を同時に楽しめるストリーミングアプリ「YouTube Music」がついに日本上陸

2018年5月から米国などですでに提供開始されていたGoogle傘下のYouTubeによる音楽ストリーミングアプリ「YouTube Music」及び「YouTube Music Premium」が11月14日からついに日本でも配信開始となった。

「YouTube Music」と既存の音楽ストリーミングアプリの違いは、提供されるコンテンツが音楽そのものに限らず、ミュージックビデオやライブパフォーマンスなど“映像+音楽”を楽しむことができる点である。

また、「YouTube Music」(無料)の有料版となる「YouTube Music Premium」(Android版:月額980円、iOS版:月額1280円、いずれも税込)では、従来のYouTubeは異なり、他のアプリを使用中、もしくはスリーブ状態でも再生できる「バックグラウンド再生」が可能となっているほか、オフラインでの再生も可能となっている。
さらに、通常の「YouTube Music」では広告ありでの視聴となるものの、「YouTube Music Premium」では広告なしで楽しむことができる。

Googleではすでに同様の音楽ストリーミングアプリとして「Google Play Music」を提供していたが、YouTube音楽部門プロダクトマネージメント責任者であるT・ジェイ・ファウラー氏が「音楽業界が大きなうねりで変革しており、参入するには素晴らしい時期」と話しているように、世界中で広く認知されている「YouTubeブランド」を武器に新たなアクションを起こした。

YouTubeの利用者数は月間で約6千万人とその大きなポテンシャルに疑いの余地はなく、音楽配信市場では競合他社がすでに「Spotify」や「Amazon music」といった同様のサービスを提供している状況ではあるものの、“後発”といえる「YouTube Music」が同市場に新たなうねりをもたらす可能性はあるだろう。

取材・文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ