人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.16

乗車中に支払いが完了する「JapanTaxi Wallet」で支払いの手間はどれほど減るか、検証してみた

連載/綿谷さちこのクレカの強化書

「あー、次のアポイントに間に合わない!」なんていう時に、よくタクシーを利用する。そんな時、ピッとスピーディーに支払える交通系電子マネーを使うのだが、支払った後の明細の印字に時間がかかり、結構イライラさせられる。きっと私と同じようにイライラしている人が多いのでは?

「もっとサッとタクシーを降りられないの?」と考えていたら、『JapanTaxi Wallet』を使うと、乗車中に支払いができるということを聞いた。いったいどんなシステムなのか興味があったので、話を聞きに行ってみた。

乗車中に支払いができるってどういうこと?

JapanTaxi』は日本最大級のタクシー配車アプリ。以前は『全国タクシー』という名称だったが、今年の9月に『JapanTaxi』に変更になった。アプリを立ち上げると付近にいるタクシーが表示され、乗りたい場所にタクシーを呼ぶことができる。『全国タクシー』という名前でなら、知っている人も多いのではないだろうか。

JapanTaxi』アプリ。600万ダウンロードを誇る。

 

対応してくれたのは、JapanTaxi株式会社の取締役 常務執行役員CMOの金 高恩(キム ゴオン)さん。タクシー車両に搭載する広告タブレットを展開する株式会社IRISの代表取締役と、日本交通株式会社のメディア開発部 エグゼクティブプロデューサーも兼務する。

金 高恩さん。JapanTaxiではプロモーション全般と新規事業の立ち上げを担当する。

 

綿谷「乗車中に支払いができるってどういうことなんですか?」

金「『JapanTaxi』アプリではネット決済するので、そもそも支払いが必要ありません。到着したら降りるだけでいいので、ビジネスユーザーにとても好評です。領収書はネットで確認でき、印刷できるので、降車時に領収書の印字を待つ必要もありません。ただ、流しで乗ったり、駅で待っていて乗ると、『JapanTaxi』対応の事業者であっても、降車時の支払いになってしまいます。こういった場合でもアプリみたいに決済できればいいのにというお客様の声から、『JapanTaxi』アプリのひとつの機能として、『JapanTaxi Wallet』を開発しました。これは後部座席にタブレット端末が搭載されたタクシー車両で、タブレット端末に表示されているQRコードをお客様のスマホで読み取ることで、『JapanTaxi』アプリに登録しているクレジットカードなどからネット決済できるようにするものです」

車内のタブレットに表示されたQRコードをスマホで読みとる。

 

綿谷「QRコードを読み取るんですね?」

金「表示されるQRコードを読み取ることで、カード情報と紐付けしています。お客様を特定できれば、QRコードでもバーコードでも番号入力でも良かったんです。ただリリースした20173月のタイミングはユーザーがQRコード決済に慣れ始めた時期。だから世の中の流れでQRコードを採用しました。乗車中にQRコードを使ってお客様を特定し、カード会社に認証をかけておきます。『JapanTaxi』アプリからの配車でネット決済を行なう場合は呼んだ段階、『JapanTaxi Wallet』の場合はQRコードをかざした時に認証を行ないます。そして到着して金額が確定したら、カード決済します。この認証と支払いは通常ほんの数秒で行なっているので、降車時に支払ったとしても、秒単位の差でしかないと思います。ただ、タクシーは乗車している時間はヒマで、降りるときに急ぎます。だから降車時には心理的なスピードが速くなっていて、数秒の差でも遅く感じるんだと思います」

綿谷「確かにそれはあるかもしれません。タクシーによっては決済端末を前から引っ張ってくるのもあったりして、早くしてーという感じでイライラします」

金「人がやっているのを見るのと、自分がやるのでは、自分でやった方が早く感じるもの。これは人間の体内感覚だと思います。だから新しい車載タブレットである『決済機付きタブレット』には、従来の広告を表示するタブレットに決済機能を搭載。クレジットカードから交通系IC、電子マネーまで複数の決済が可能なマルチ端末を独自開発して、この9月から順次全国展開しています。現在、東京では『広告タブレット』と『決済機付きタブレット』合わせて約5600台がタクシー車両に搭載されています。目標は2020年までに全国合計5万台。全国には22万台のタクシーがあるので、その1/4にマルチ端末が搭載されていれば、キャッシュレス化に対応できるのではと思っています」

複数の決済が可能なマルチ端末。クレジットカードも差し込んで決済できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ