人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.14

LINE上で簡単に収支の記入や管理ができる「LINE家計簿」サービススタート

LINE版の家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」がスタートした。

「LINE家計簿」は、「楽しくつづける。楽しくたまる。」をコンセプトにした「LINE」上で簡単に収支の記入・管理ができる完全無料の個人向け家計簿・資産管理サービス。

アプリ版(iPhone・Android対応)と「LINE」の「ウォレット」タブからアクセスできるLINE版の2種類を用意している。

アプリ版では、銀行やクレジットカード、電子マネーなどの金融サービス、「LINEポイント」やその他各種ポイントサービス、ECサービスと連携でき、それらの情報を一括して管理し、家計簿を自動作成することが可能。

また、「LINE Pay」での送金や支払い、チャージなどの利用履歴や残高確認が自動で取り込まれ、「LINE家計簿」に反映できる。

LINE版では、「LINE」アプリ上からすぐに起動することができ、収支の記録や、連携した金融サービスの情報を確認することが可能だ。

※LINE版は現時点で一部機能に制限があり。全機能の使用には、「LINE家計簿」アプリのインストールが必要。

「LINE家計簿」の特長

1. 毎日使える金額がひと目でわかる

入力された収支をもとに「今日使えるお金」の上限を、毎日自動計算します。(アプリ版)

2. 収支の記録が簡単

アプリ版では手入力の他、レシートを撮影すると品目や金額を読み取り、自動入力することができる。LINE版では、「LINE」アプリ上からすぐに起動することができ、収支を記録することが可能だ。

3. 各種金融サービスやポイントサービスと連携し家計簿を自動管理

「LINE Pay」をはじめ、銀行・クレジットカードなどの金融サービスやECサービスと「LINE家計簿」を連携させると、買い物のたびに、収支を入力したりレシートを撮影することなく使用履歴が自動的に反映。(アプリ版)

4. 毎月の貯金をサポート

毎月の収支をもとにこれから使える残りの金額が自動で計算され、月別の貯金できる金額が表示。月末までにその金額が残るよう生活すると、決まった金額が自然と貯金できるようになる。

また、貯金の使い道として、貯金をする目的別に必要な目標金額を登録することができる。(アプリ版)

5. カレンダーで収支を楽しく管理

毎月の収支をカレンダーで閲覧することができ、いつ、何に、いくら使ったかが、ひと目でわかる。1日ごとにスタンプをつけることができるため、給料日など特別な日にスタンプをつけるなど、日記代わりにすることができる。

また、当日のみに押せるスペシャルスタンプもあり、収支を毎日記録すればするほどスタンプによるデコレーションができ、自分だけのオリジナルカレンダーを作成することが可能だ。

6. カテゴリー別に今月の残りがすぐにわかるグラフ

「今月いくら使って、残りはいくらか」をカテゴリー別に分析したグラフから、支出のバランスがすぐにわかる。(アプリ版)

7. 定期レポートによるアドバイス

過去の支出をグラフ化した1週間・1ヶ月単位での定期レポートが、いつでも無料で閲覧でき、今月は節約できているか、前月より多めに使ったかがひと目でわかる。(アプリ版)

今後は、家族や恋人など「LINE」上の友だちといっしょに貯金や収支・資産が共有できるグループ機能も予定しているという。

■アプリ概要

対応端末:iPhone/Android
サービス地域:日本
サービス開始日:2018年11月12日
価格:無料
開発・運営:LINE Pay株式会社
App Store :https://itunes.apple.com/jp/app/id1417622982
Google Play :https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linepaycorp.pfms

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ