人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.19

生駒里奈さんも受賞!2018年の万年筆ベストコーディネイト賞発表

“最も万年筆が似合う有名人”に贈られる「第15回万年筆ベストコーディネイト賞2018」の表彰式が2018年11月8日、赤坂ガーデンシティで開催された。

2018年度万年筆ベストコーディネイト賞の受賞者はフリーアナウンサーの内田恭子さん、フリーアナウンサーの中井美穂さん、競泳女子日本代表キャプテンの大橋悠依さんの3名。また若者世代に万年筆の魅力を広げるスペシャルゲストとして、女優の生駒里奈さんも出席した。

「万年筆ベストコーディネイト賞」は、日本輸入筆記具協会、日本筆記具工業会ならびに国内外筆記具メーカー11社が、万年筆の良さを多くの方々に知ってもらう趣旨で開催しているアワード。「人と人」「心と心」をつなぐプロジェクト・コンセプトにもとづいて、前年度の受賞者がそれぞれ1名ずつ受賞者を選出した。また受賞者には副賞として、協賛会社が提供する万年筆が贈呈された。

万年筆ベストコーディネイト賞2018、一人目の受賞者はフリーアナウンサーの内田恭子さん。前年度に受賞したモデルの松本孝美さんからは「女性らしい華やかさとアグレッシブな一面を併せ持つ内田さんに、繊細さと大胆さを併せ持つ万年筆の書き味がぴったりだと思います」との推薦コメントが寄せられた。

お礼状など「万年筆を手に取って字を書き留めることは、PCやスマホで書くのとは違ったいろんな深さがあることを改めて感じました。これからも自分の気持ちを素直に、想いを込めて万年筆で書いていきたいです」と喜びのコメントを語った。

内田さんにはパイロットコーポレーションより「NAMIKI 薬玉(薬玉)万年筆」が贈られた。真っ黒な漆に金粉を蒔き付けて精緻な絵柄を描いた万年筆は、華やかな女性らしさを感じられる一本。この日着用していたシックな黒いワンピースだけでなく、最近着る機会が増えているという着物の装いに合わせても品よくまとまりそうだ。

続いての受賞者は、フリーアナウンサーの中井美穂さん。中井さんは壇上で、万年筆で綴ったメッセージ「和顔愛語 美しく優しい言葉を」を紹介。「柔和な言葉遣いや優しい表情で話す言葉は、みなさんの心の中に浸透していく。いちばん優しくて美しい言葉“ありがとう”を使わずに感謝の気持ちを伝えたいと思いました」と、メッセージに込めた想いを解説した。

中井さんにはペリカン日本より「 PELIKAN M800ストーンガーデン・K800ストーンガーデン万年筆、ボールペンセット」が贈られた。ブルーと茶色の重なりは心落ち着く石の庭園をイメージしているという。本品が特別生産品だと聞いた中井さんは「使い込むほどに味が出ると思うので、一生大切にに使わせていただきます」と万年筆をしっかり握りしめながらコメントした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ