人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.16PR

「RULOがあれば、掃除の時間を気にせずゆっくり犬の散歩や買い物を楽しめますね」モデル・五明祐子さんの「RULO」体験記【PR】

年末の大掃除シーズンを控え、気になる家電の筆頭がロボット掃除機。そんななか、ロボット掃除機ははじめてという方にはもちろん、創世記ユーザーの買い替えにも、魅力的な選択肢が、日本の家を知り尽くしたジャパニーズ・ロボット掃除機「RULO」。今回は10月に発売されたばかりの新製品を、雑誌やテレビで活躍中のモデル五明祐子さんが体験!

ペットとの同居には、マメな掃除が欠かせない

雑誌『non-no』でモデルデビュー、雑誌や広告に加え、最近はTVにもひっぱりだこの五明祐子さん。ワンちゃんと同居中ということもあり、新しいRULOに興味津々。

「自宅ではチワワを2匹飼っているんですが、抜け毛がともかくすごいんです。しかも、リビングが黒っぽいフローリングなので、なおさら目立っちゃう。一日でもお掃除をサボると大変なことになるんですが、とはいえ、仕事の関係で家にいる時間が不規則なので、ロボット掃除機があると、とても助かるんです」

リビングにぴったりのデザインとお掃除力

--では、早速、新型RULOを使ってみた感想、お聞かせいただけますか?

「まず、スリムでデザインがすてきですよね。リビングにおいても自然に溶け込んで、インテリア小物のよう。三角形の形を生かした部屋のスミや壁ぎわもお手のもののようで、椅子の間にも方向を絶妙に変えて入り込み、脚の周りにたまったホコリや食べこぼしもすっきりキレイにしてくれました。私が以前使っていたロボット掃除機は、家具にソフトに体当たりしてゴミをとる感じでしたが、RULOは家具のキワ、ギリギリまで近づきながら、2本のサイドブラシで器用にゴミをとってくれるので、家具が傷つかずにすみます。日本メーカーならではのきめ細かさが随所に生かされていますよね」

--ほかには人気機能として、汚れを感知すると赤に、キレイになると青になる「クリーンセンサー」がありますが、こちらはいかがでしょう。これは、ハウスダストのような目に見えないミクロの汚れまで、しっかり見つけてくれるというものですが・・・…?

「ランプの色で知らせてくれるので、取り残しが防げるし、ちゃんと働いてくれてるんだなーという安心感があります。自分では掃除をしたつもりでも、実はゴミが残ってたなんていうこともありがちなので。そういう意味では、微細ゴミまでしっかり見つけて賢く掃除してくれるロボット掃除機のほうが、手掃除よりむしろ優秀かもしれません。あと、ダストボックスが本体内にセットされていて、外から見えないのもいいですよね。ゴミ捨てもワンタッチで簡単だし、ダストボックスやブラシは水洗いできるので気持ちよく使えます」

スマホとの連携強化でさらに使いやすく(※1)

--スマホとの優れた連携機能はいかがでしかた?

「ホント、最新のロボット掃除機ってこんなに進化しているんだなぁと驚きました。スマホを使って外出先からRULOを動かすこともできるので、急にお友達が遊びにくることになっても、仕事の合間に、RULOを稼働させたりできるし、ペットのいる場所など、入ってほしくないエリアをアプリで設定できるのも便利です」

--新製品では、稼働音が気になる、という声に応え、新たに〝音ひかえめ設定〟が搭載されています。

「あ、そういえば、音がさほど気にならなかった! ロボット掃除機は外出時に使うことが多いと思いきや、実は家にいるときでも結構走らせたりしますからね。自宅でゆっくりくつろいでいる間にRULOがちゃんとお掃除してくれる……もう、最高です! 私のような共働き家庭で、自分の時間もしっかり持ちたい、という方にもぜひおすすめしたいですね!」

パナソニック ロボット掃除機 『RULO MC-RS810』
オープン価格

オリジナルの三角形状と、3種類の障害物検知センサー&カメラセンサーを使ったSLAM技術(※2)で壁ぎわや部屋のスミまで、効率よく丁寧に掃除する。10月末に発売の同新製品は、メインブラシの毛量をアップするなどして、集じん力をアップ。さらにアプリでは、「音ひかえめ設定」を新搭載し、実感音を約21%削減した。

SPEC●サイズ:W330×H92×D325mm、重量:3kg、充電時間:約3時間、連続使用時間:約100分(満充電・電池初期/20℃時)

Profile 五明祐子さん
1973年、神奈川県横須賀市生まれ。18歳で雑誌『non-no』(集英社)のモデルとしてデビュー。その後も数々の女性誌で活躍、年齢を感じさせないキュートな可愛らしさで同世代の女性を中心に支持を集める。
衣装/カーディガン¥14,000(グランカスケードインク<グー コミューン>)、カットソー¥12,000、デニム¥19,000(フィルム<ダブルスタンダードクロージング>)、スリッパ¥3,694(ザラ・ジャパン カスタマーサービス<ザラ ホーム>) 他/スタイリスト私物。

<体験動画も合わせてチェック!>

■製品情報
https://panasonic.jp/soji/rulo/mc_rs810.html

※1 MC-RS810のすべての機能をお使いいただくためには、スマートフォン及びWi-Fi環境が必要です。通信環境や使用状況によっては、ご利用できない場合があります。

※2 SLAM(スラム)技術…Simultaneous Localization and Mapping (自己位置推定と地図作成を同時に行う技術)。

 

取材・文/原口りう子 撮影/篠田麦也 ヘアメイク/渡辺みゆき スタイリング/坂野陽子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。