人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.13

今さら聞けない「プラスチック問題」、なぜ世界的に注目されているのか?

近年、ニュースで話題となっている「プラスチック問題」。世界的にプラスチック製ストローが使用禁止の流れになっている話はよく耳にしますね。今回はプラスチック問題の記事をピックアップ。世界的な環境問題となっているこの話題を勉強してみましょう。

プラスチック問題

不要・過剰だと思う使い捨てプラスチック問題、4人に1人が「割り箸やストロー」を断ると回答

あ、今日は「プラスチックのごみ」の日か… そう思ってゴミ袋を見てみると、「こんなにプラスチックを使っていたんだ…」と驚くものだ。 そんな環境によくないことは知りつつも、つい日常的に利用してしまうプラスチックに関する意識調査の結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/620402/

人は知らず知らずのうちにプラスチックを食べていた!?

ヒトの腸にも一定量のマイクロプラスチック片が存在している可能性は否定できないことが、ウィーン医科大学(オーストリア)のPhilipp Schwabl氏らによる小規模な研究で示唆された。欧州とアジアからの8人のボランティアの糞便を調べたところ、全員の糞便からマイクロプラスチック片が発見され、その量は糞便3.5オンス当たり平均で約20個に達していたという。この研究結果は、欧州消化器病週間(UEG Week 2018、10月20~24日、ウィーン)で発表された。

【参考】https://dime.jp/genre/620951/

深刻化する海洋汚染に対し、世界各地で進むプラ製ストロー禁止の動き

いわゆる“マイクロプラスチック”による海洋汚染が深刻な問題となっている今日、米ワシントン州シアトルが他に先がけてプラスチック製ストローの使用禁止を決めている。

【参考】https://dime.jp/genre/567829/

魚が食べられなくなる日は近い?乱獲以上に深刻な海のプラスチックごみ問題

海水温上昇や海産物の乱獲など、海をめぐる問題が深刻さを増している。最近はサンマの不漁をはじめ、カツオやアジ、サバ、シシャモなどの水揚げ量が例年になく低かったといわれている。この海の異変は一時的なものなのか、それとも常態化するものなのだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/352434/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ