人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.10

世界の名所をヴァーチャルサイクリングできるインドアサイクルマシーン「GR7」

近年、ロードサイクリングやトライアスロンの人気が高まる中、室内で本格的なサイクリングができるインドアサイクルの需要も増加している。

また、バイクトレーニングはランニングなどに比べても高強度ながら関節への負担が少なく、音や振動もわずかでマシンサイズが小さいことも人気の理由に。

家庭用であっても、より高い機能や仕様を求めている人にはインドアサイクル『GR7』をオススメしたい。

インドアサイクル『GR7』

スマートフォンやタブレットとマシンをBluetooth経由で繋ぐことによって、専用アプリfitDisplay(無料)でのトレーニングが可能で、世界の実在する各所をサイクリングする「バーチャルアクティブ」や、話題の高強度インターバルトレーニング「スプリント8」など10種類のプログラムを楽しむことができる。

通常業務用の高級マシンに使われるマグネット負荷を採用、負荷レベル1~20で設定できるので、日々のトレーニングを細かく管理。摩擦負荷と異なりブレーキパッドの消耗もないのでメンテナンスも簡単だ。

ベルトドライブを採用することで、静かでスムーズな乗り心地を実現。ご自宅での激しいトレーニングでも、音や振動が気にならない。また、オプションのコンソールがあれば、アプリがなくても時間、距離、スピードの他、心拍数も表示(対応心拍計装着時)。またグローライドシステムによって3種類のライディングポジションをLEDライトでガイドしてくれる。

希望小売価格は180,000円(税別・配送料込)。1年間、家でジム体験ができると思えば安いかも…?

関連情報/https://johnsonjapan.com/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ