人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.09

iPhoneの最大のライバルは?この冬チェックすべき最新Androidスマートフォン6選

スマホの技術進歩は日進月歩、各メーカーから個性的なモデルが次々と登場しています。今回は最新スマホ紹介記事を一挙紹介します。機種変更の参考にしてください。

最新Androidスマートフォン

ファーウェイ「Mate20シリーズ」

 ファーウェイは2018年10月16日、英国・イギリスのExCel Londonにおいて、発表イベントを開催し、同社の大画面スマートフォン「Mate」シリーズの最新モデル4機種を発表した。

【参考】この冬日本にも登場か!?最新技術がてんこ盛りのファーウェイ「Mate20シリーズ」、その驚愕の性能とは?

Google「Pixel 3/3 XL」

 グーグルが開発した新しいスマートフォン「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が日本でついに発売された。グーグルの先端技術を活用し、カメラとAIを組み合わせた多彩な機能を備えるPixel 3/3 XLの使い勝手はどのようなものだろうか。実際に触れてみた。

【参考】「Pixel 3/3 XL」を使ってわかったGoogleの本気度

ファーウェイ「nova 3」

 近年、スマホで大きなインパクトがあった技術革新に、いわゆるAI機能搭載プロセッサの搭載がある。  AIプロセッサが最初に搭載されたのはファーウェイのスマホだった。機種はMate10 Pro。Mate10 Proはビジネス向けのセグメントの高機能機だ。ライカのデュアルレンズを採用し、AIによるレタッチ機能も搭載。メモリマネージメント、バッテリマネージメントにもAIを使用し、起動を高速化するなど使い勝手もアップしている。

【参考】5万円台から買えるAIカメラスマホ「HUAWEI nova 3」のコスパは本物か?

OPPO「R15Neo」

OPPOが最近、日本国内市場に投入したのがR15ProとR15Neo。ProはハイエンドモデルでNeoはコスパの高いモデルだ。 R15Neoで驚くのはデザインが非常にスタイリッシュであること。デュアルレンズカメラを搭載しているのは現在のスマホとしては珍しくはないのだが、スタイリッシュな外観とデュアルレンズカメラと高いコスパを実現。若者をターゲットしたモデルであることが理解できる。

【参考】新iPhoneは高すぎるという人にオススメしたいOPPOのSIMフリースマホ「R15Neo」

HTC「HTC U12+」

HTCは台湾のメーカーなのだが、最近はVRゴーグル「VIVE」などを発売し、そのときはもうスマホを作らないんじゃないかと思ったが、今だに新製品を作ってきてくれる。このVIVEは日本のVRアミューズメント施設などでも使われる優秀なものだ。HTCはそんなものも作ってしまうようなメーカーなので、ちょっと技術的にこだわった製品をよく作るメーカーだ。

【参考】人それぞれの聴覚に最適化した音楽を楽しめるSIMフリースマホ「HTC U12+」

モトローラ「moto z3 play」

「moto mods」と呼ばれるモジュールを背面に貼り付けて、機能拡張できるモトローラのmoto zシリーズから、最薄部6.75ミリの超スリムなスマホ、「moto z3 play」が登場します。2018年10月13日発売で、価格は5万6800円(税抜)です。

【参考】初の3大キャリア対応!モトローラの合体スマホ「moto z3 play」進化のポイント

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ