人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビートルズファンも注目!実はそれほど敷居は高くないジャズの魅力

2018.11.08

ジャズってなんとなく敷居が高いと思っていませんか? 今回はジャズの魅力を多角的に紹介する記事を集めました。ジャズに触れるのにオススメの人気のCDつきジャズ・マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション』もご一緒にどうぞ。

ジャズの魅力

お値段39万円超!ジャズファン注目のマイルス・デイヴィス万年筆ってナニ!?

 デジタル技術の進歩で世界は大きく変わった、なんてことは今さらあらためて言うことでもないのだが、その一方、「アナログ世界」も大きく変貌した。身近な例としては筆記具だ。物書きの仕事を始めて30年経つが、かつては商売道具としてこだわった筆記具も今や持ち歩くのはボールペン1本だけだ。書く作業の「道具」としては99パーセントがキーボードやタッチパネルになり、最近では音声入力も重宝している。これは多くの方が同じような状況なのではないか。

【参考】https://dime.jp/genre/603024/

レアもの「万年筆インク」を探して世界一周!ついにゲットした「ジャズ・ブルー」の驚きの色とは!?

 さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボトル/税込1,944円)の存在は確認した。これは絶対手に入れたい。発売元のモンブランに問い合わせると、「すでに製造終了」「今後の入荷見込みなし」と丁寧な回答が。まあ、昨年発売されてふつうに世界じゅうで入手できたGOODSなのだから、知らなかった自分が悪い。調べてみると万年筆インクは限定商品も多く、それらは完売後には価値に応じて、プレミア価格で取引されるのが相場のようだ。まるで廃盤レコードだ。ならば廃盤レコードと同様の方法で探索だ。今の世の中、ネットとクレジットカードさえあれば手に入らないものはない(ハズ)。問題は価格だな。

【参考】https://dime.jp/genre/606089/

「娘」じゃなくて『イパネマの「少年」』って何ですか?

「イパネマの娘」という歌がある。ボサ・ノヴァの代名詞的名曲だ。リオデジャネイロ・オリンピックの開会式でも使われ、ビートルズの「イエスタデイ」についでカヴァーが多いといわれるほど、世界じゅうに知れ渡っている。誰でも一度は耳にしているはずだ。この名曲、じつは「イパネマの少年」という別ヴァージョンがあるのはぞ存じだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/610760/

ジャズ・シンガーakikoの「カム・トゥゲザー」が超カッコイイ件

当欄で創刊をお知らせした、CDつきマガジン「JAZZ絶対名曲コレクション」の第2号「ビートルズ・ジャズ」(10月23日発売/小学館)は、タイトルどおりビートルズ・ナンバーをジャズで聴く企画。「イエスタデイ」をはじめ、「ノルウェーの森」「ゲット・バック」など、知らない人はきっといない名曲10曲をヴォーカルとインストのジャズ・アレンジで楽しめる。

【参考】https://dime.jp/genre/614743/

ポール・マッカートニーのJAZZアルバムが、めちゃCOOLな理由

 いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日・東京ドームほか)。今回のツアーは「フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018」と題され、5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』(ユニバーサルミュージック)をひっさげての来日となる。当然そこでは新作からのレパートリーが演奏されるはずだが、これまでの来日公演のセットリストを見れば、今回も多くのビートルス・ナンバーが演奏される。今回のステージについて、ポールは世界じゅうに向けてメッセージを発表しているが、どの会場に対しても「一緒にパーティしよう!」としめくくられている。コンサートはきっとHOTでエキサイティングなものになるはずだ。

【参考】https://dime.jp/genre/619025/

ポール・マッカートニー来日公演を日本JAZZ界の重鎮はどう観たか!?

後楽園ドームにポール・マッカートニーのライヴを観に行きました。私は2015年のドーム・ライヴも観ているので(ちなみに私は1966年のビートルズ初来日公演も観ています)、あれから3年、ポールの変化も興味がありましたが、それ以上に関心があったのは、私が監修している小学館CD付きムック『JAZZ 絶対名曲・コレクション』の『ビートルズ・ジャズ』が現在発売中だからです。

【参考】https://dime.jp/genre/620363/

構成/チーム@DIME

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。