人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.08

マイクロソフトのスマホ向けAI「りんな」がまるで人間みたい!

スマホに搭載されている従来のAIアシスタントは「聞けば答えてくれる」という基本的なサポートがメインだが、日本マイクロソフトは「共感視覚モデル」を搭載したスマートフォン向け AI「りんな」を開発した。

自然な会話を楽しむことができるAI「りんな」

スマートフォン向け AI「りんな」は、スマートフォンのカメラを「目」として、AI「りんな」が「見た」ものについてリアルタイムで音声コメントし、ユーザーと自然な会話を楽しむことができるAIだ。まずは動画を見て欲しい。

この動画を見て心が温まったのは私だけだろうか。同じ風景、同じものを見て、それについてコミュニケーションすることは画期的だし、まるで感情があるような「りんな」といつまでも話したくなる気持ちにさせる。

スマートフォン向け AI「りんな」には、マイクロソフトの研究開発部門 マイクロソフトリサーチによる最新の画像処理、自然言語処理、音声認識及び音声合成技術が採用。ちなみに「共感視覚」とは、AI が「見た」風景やものなどについて、その名称や形、色などの「認識結果」を回答するのではなく、その風景やものを見た「感想」を述べることを指す。

同社は物理的にも心理的にもAIと人間の距離を近くすることを重視して、スマートフォンとカメラに着目して開発を行っていくという。

なお、スマートフォン向け AI「りんな」は現在開発中。音声会話機能は「りんな」の LINE 公式アカウント上で「りんなと音声通話」として提供している。

関連情報/https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/10/31/blog-rinna-phone/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ