人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.25

【東京外食大全】なぜ、サブスクリプションを導入する飲食店が増えているのか?

コーヒーマフィア

サブスクリプション

 サブスクリプション(略してサブスク)という言葉をご存じでしょうか?

 辞書的な意味は、「個々の商品を買い取るのではなく、利用期間に応じて料金を払う方式」。と書くと何だかややこしいですが、早い話が「定額課金」。元々はコンピュータのソフトウェアに使われていた用語で、ネットが進化してクラウドに大量のデータが置けるようになると、HuluNetflixなどの映像配信や、Spotify、Apple Musicなどの音楽配信にも使われるようになり、一般に広く知られるようになりました。

 アメリカで、Hulu、Netflix、Spotifyの3社が定額サービスを始めたのが2008年で、世界的なサブスク元年となりました。これらが日本に上陸したのは、一番早いHuluで2011年。日本は少なくとも3年遅れだったようです。

 ちなみに、Huluの料金は月額1007円。そんな安い料金で、数千本の映像ソフトを見放題にして、ビジネスとして成り立つのか他人事ながら心配になりますが、人間ってのは生来ズボラな生き物で、ソフト1本1本だと買わない人が、まとめてなら「えいやっ」で入ってしまう上、一度自動引き落としにすると、利用しなくても退会するのを忘れてダラダラ引きずってしまうようで、十分ビジネスになるんだそうです。

 このサブスク、非デジタルの世界にもジワジワ浸透し始めています。飲食の世界にサブスクを最初に導入した事例は、2006年にはなまるうどんが発売した、月額500円でかけうどん小が1日1杯タダになる「うどん定期券」ではないでしょうか(この時はまだサブスクリプションという言葉はありませんでした)。

サブスクリプションを導入している主な飲食店

サブスクリプションを導入している主な飲食店

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ