人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

7割以上の中小企業が従業員のメンタルヘルスケア対策を講じていない

2018.11.12

従業員のメンタル不調の実態とメンタルヘルスケアの取り組み

<従業員のメンタル不調の実態について>

Q:あなたの会社にはそれぞれの項目に該当する従業員はいますか(いた経験はありますか)。(複数回答)n=100
※経営者n=50、従業員n=50

「メンタルの問題に該当する従業員」について尋ねる調査が行われた。「該当する従業員はいない」が最多となったが、3割の企業においては、従業員のメンタル不調が起こっている実態が明らかに。また、「該当する従業員はいない」以外の回答割合を役職別で比較すると、どの項目も経営者より従業員の回答割合が多くなっている。

「メンタル面の問題が原因で退職をした」は16.0ポイント、「メンタル面の問題が原因で休職をした」は12.0ポイントの差があった。このことから、経営者が把握していないが、実際には従業員のメンタル不調が存在している可能性があると考えられる。

<自社で実施しているメンタルヘルスケアの取り組みについて>

Q:あなたの会社で従業員のメンタルヘルスケアのために取り組んでいることをお答えください。(複数回答)n=50
※経営者n=50

自社で従業員のメンタルヘルスケアのために取り組んでいることを聞いた調査において、全体では「メンタルヘルスケアのために取り組んでいることはない」72.0%が最多となりました。実施している取り組みは「定期的に個別面談や話をする機会を設けている」(18.0%)が最も多く回答された。

<自社でメンタルヘルスケアに取り組んでいない理由>

Q:前問で、「メンタルヘルスケアのために取り組んでいることはない」と回答した経営者の方にお聞きします。
その理由をお答えください。(複数回答)n=36 ※経営者 n=36

自社で「メンタルヘルスケアのために取り組んでいることはない」と回答した経営者の方に取り組みをしていない理由についても調査が行われた。最も多い回答は「従業員の人数が少ないから」で66.7%。人数が少なく、普段から従業員の様子を見ているため、特に取り組みへの必要性に迫られていないという経営者の方が多いのだろうか。次いで「何から始めればいいかわからないから」30.6%、「対応方法がわからないから」で25.0%。メンタルヘルスケアに関する取り組みをしようと思っても、やり方がわからず、実施できていない経営者が多いことが明らかに。

※あしたのチーム調べ

<調査概要>
1インターネット調査
2従業員数50名未満の会社の経営者および従業員、男女20歳~69歳を対象に実施
3有効回答数:100人(会社経営者:50名、従業員:50名)
4調査実施日:2018年6月11日(月)~2018年6月12日(火)

出典元:株式会社あしたのチーム

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。